鈴木商店

重化学工業の先鞭、合成アンモニアを製造

空中の窒素を原料とした画期的な技術を日本に移殖

ロンドン支店の高畑誠一は、空中の窒素を原料とし、平時には肥料、有事には爆薬を製造できる「空中窒素固定法」という合成アンモニアの製造技術に注目。ロンドンの社交界から情報を得て、誰よりも早くフランスの特許を取得、大正12(1923)年に下関・彦島にクロード式窒素工業(現・下関三井化学)を設立した。この合成アンモニア工業は、高温・高圧で触媒を使用する、我が国の重化学工業の先鞭となる事業であり、またこれまで輸入に頼っていた窒素肥料を国産化できるという画期的な事業であった。

彦島地区には、鈴木商店系の日本金属・彦島製錬所、日本冶金、彦島坩堝などが進出し、労働人口も急増したことから、鉄道事業にも進出して山陽電気軌道(現・サンデン交通)を設立。鈴木商店は山口県下関市の産業近代化にも大きく関わった。

[外部サイト]
鈴木商店記念館>鈴木商店の歴史>飽くなき事業展開~合成アンモニア等
鈴木商店記念館>地域特集>彦島(下関)

我国安母尼亜(アンモニア)合成工業発祥之地
下関三井化学
鈴木商店時代からの建物(変電所)