双日株式会社

閉じる

株主との対話について

基本的な考え方

当社は、経営方針や持続的な成長と中長期的な企業価値向上に向けた取り組みについて、適切な情報を適時に提供すると共に、分かり易い説明の継続的な実施、株主の意見の経営への報告・反映などを通じ、株主との間で建設的な対話を行うことを基本方針としています。

また、当社では株主・投資家をはじめとするステークホルダーへ公平かつ適切な情報開示を行うため、フェア・ディスクロージャー・ルールの趣旨を尊重し、社内規程として、インサイダー取引防止規程のほか、法令・規則の遵守、透明性、適時性、公平性、継続性、機密性を基本原則とする情報開示規程を定め、これらを遵守すると共に、各役職員への徹底を図っています。

株主への情報提供

全ての株主に対して公正かつ平等に情報発信を行うことを基本とし、中期経営計画や決算内容については、取締役会での決議後速やかにTDnetや当社ウェブサイトにて公表しています。また、当社の事業活動やビジネスモデルについて理解を深めていただくべく、統合報告書の発行や、個人株主説明会/懇談会・事業説明会の実施及び当社ウェブサイトでの動画配信など、積極的な情報開示を行っています。

株主との対話における体制及び取り組み

株主との対話は、取締役が主体となり専任組織であるIR室が補助する体制としています。

対象 取り組み 2019年度の活動内容

個人株主・個人投資家

各種説明会を開催し、経営戦略や業績動向などについて代表取締役である社長やCFOなどが説明

  • 個人株主説明会/懇談会
    (大阪・名古屋・福岡)
  • 個人投資家説明会
  • 証券会社主催IRイベントへの参加

機関投資家(国内・海外)

各種説明会や個別面談などを通じて直接対話を実施

  • 決算説明会
  • 個別面談
  • 社外取締役とのスモールミーティング
  • 証券会社主催のカンファレンスへの参加

上記に加え、決算説明会には、証券アナリストにも参加いただいています。

株主総会活性化と議決権行使円滑化のための取組み

株主総会招集通知の早期発送

定時株主総会開催日の約3週間前に招集通知などを発送することに加え、発送に先立ち、約4週間前に当社ウェブサイトにて英訳版と共に開示しております。また、2018年度からは、スマートフォン・タブレットに対応した形での開示も行っております。

集中日を回避した株主総会の開催

集中日を回避して開催しています。

電磁的方法による議決権の行使

2005年6月開催の株主総会より、インターネットによる議決権行使を実施しています。

議決権行使プラットフォームへの参加

2006年6月開催の株主総会より、(株)ICJが運営する機関投資家向け議決権行使プラットフォームを利用しています。

招集通知の英文での提供

定時株主総会の招集通知等の英訳版を作成しています。

その他の取り組み

  • 株主通信の発行
  • 個人株主向けウェブサイトの開設
  • 株主説明会の開催
  • 株主総会・株主説明会開催時の動画配信

*配当利回りは前日終値株価に基づいて算出しております。
*年間配当金は直近の配当予想となります。

大和IR受賞

このページの先頭へ