株主との対話について

基本的な考え方

当社は、経営方針や持続的な成長と中長期的な企業価値向上に向けた取り組みについて、適切な情報を適時に提供すると共に、分かり易い説明を継続的に実施すること、株主の意見を経営に報告・反映させることなどにより、株主との間で建設的な対話を行うことを基本方針としています。

なお、適切な情報開示のため、社内規程として、インサイダー取引防止規程のほか、法令・規則の遵守、透明性、適時性、公平性、継続性、機密性を基本原則とする情報開示規程を定め、これらを遵守しています。

 

株主への情報提供

全ての株主に対して公正かつ平等に情報発信を行うことを基本とし、中期経営計画や決算内容については、取締役会での決議後速やかにTDnetや当社ウェブサイトにて公表しています。

株主との対話における体制及び取り組み

株主との対話は、取締役が主体となり専任組織であるIR室が補助する体制としております。

対象 取り組み 2016年度の活動内容

個人株主・個人投資家

各種説明会を開催し、経営方針や経営ビジョンなどについて代表取締役やCFO、IR担当役員が説明

  • 株主説明会
    (福岡・大阪・名古屋・広島)
  • 個人投資家説明会
  • 証券会社主催IRイベントへの参加

機関投資家(国内・海外)

各種説明会や個別面談などを通じて直接対話を実施

  • 決算説明会
  • 事業説明会
  • 個別面談
  • 証券会社主催の国内外カンファレンスへの参加
  • スモールミーティングの実施

上記に加え、証券アナリストに対しては、決算説明や事業説明のほか、スモールミーティングを実施しています。

株主総会活性化と議決権行使円滑化のための取組み

株主総会招集通知の早期発送

株主総会の招集通知を、総会当日の4週間前に英文も含めてウェブ開示することに加え、3週間前に発送し、株主への適切な情報提供体制を整えています。

集中日を回避した株主総会の開催

集中日を回避して開催しています。

電磁的方法による議決権の行使

2005年6月開催の株主総会より、インターネットによる議決権行使を実施しています。

議決権行使プラットフォームへの参加

2006年6月開催の株主総会より、(株)ICJが運営する機関投資家向け議決権行使プラットフォームを利用しています。

招集通知の英文での提供

定時株主総会の招集通知等の英訳版を作成しています。

その他の取り組み

  • 株主通信の発行
  • 個人株主向けウェブサイトの開設
  • 株主説明会の開催
  • 株主総会・株主説明会開催時の動画配信

大和IR受賞

サイト内検索