岩井商店・岩井産業

現・トーア紡コーポレーションの設立

岩井勝次郎最初の製造事業は、毛織(メリヤス)事業

岩井商店は、明治40(1907)年から東京・品川の白金莫大小(メリヤス)製造所の経営に参画し、メリヤス製造に進出した。これが岩井商店が手掛けた最初の製造事業である。同社製のメリヤス肌着、特にKBブランド(加賀屋文助=岩井文助の屋号からKBブランドと名付けた)は高級品として知られ、大正天皇に乗馬ズボンを献上している。

岩井勝次郎は、毛糸工業の設立を計画し、大正10(1921)年に岐阜県大垣に中央毛糸紡績を設立。「世界一の毛糸をつくれ」と関係者を叱咤激励し、昭和7(1932)年には生産をさらに拡大するため、四日市工場(現・トーア紡コーポレーション楠工場)を建設した。

その後、昭和16(1941)年に、錦華毛糸と合併し、東亜紡績を設立。翌年には白金莫大小製造所も合流し、現在の株式会社トーア紡コーポレーションに至っている。

[外部サイト]
株式会社トーア紡コーポレーション

白金莫大小製造所正門
東亜紡織株式会社大垣工場