日商

製造事業に進出、日本発条の設立

旧鈴木商店鉄材部の懇親会から誕生

日商は創業初年度より黒字を重ね、神戸製鋼所、帝人など旧鈴木商店系企業との取引を拡大していき、そしてまた、かつての鈴木商店のように製造事業に参画していく。その代表例が、現在は世界有数のバネメーカーに成長した日本発条の設立である。

旧鈴木商店の鉄材部に勤務していた人たちは破たん後も定期的に親睦会を開催。常連に日商の楓英吉(旧鈴木商店鉄材部の責任者)、井上商店(神戸製鋼所の問屋)の井上清、日亜製鋼の坂本寿などがいた。ある時、井上が坂本に「自分の経営する伸鉄工場で東京方面からバネ鋼の圧延の注文が伸びている。自動車用のバネに使うらしい」という話をした。後日さらに調査した結果、自動車バネの有望性を確信し、ちょうど東京に芝浦スプリング製作所という町工場があり、その社長が手放したがっているということが分かった。

鈴木商店関係で生まれてきた話であり、日商の楓にも話を通すことにした。バネの有望性について、自動車は日本では軍需産業で使用されている程度であったが、日本の大陸進出も考えれば、さらに需要が伸びる可能性があった。こうして日商が50%、井上商店が40%を出資して日本発条を設立。初代の社長は楓が務めた。

当初50人ばかりの町工場であった日本発条は、業界では後発組であったが、昭和30年頃には業界一位まで成長する。そして昭和33(1958)年に大同発条と合併し、世界一のバネ専門メーカーとなった。昭和32(1957)年からは永井幸太郎が社長を務めている。

[外部サイト]
鈴木商店記念館>鈴木系企業の整理の行方>日商(現・双日)の歴史⑤

芝浦スプリング製作所
芝浦スプリング製作所の工場内
楓英吉