ハバロフスク国際空港新旅客ターミナルの建設・運営共同事業に関する覚書の締結について

PDF版[168.6 KB]

2016年12月16日
双日株式会社

双日株式会社(以下、双日)は、本日、ロシア連邦ハバロフスク空港会社(PJSC “Khabarovsk Airport” 以下、KHV)、日本空港ビルデング株式会社(以下、JATCO)および株式会社海外交通・都市開発事業支援機構(以下、JOIN)との間で、覚書を締結し、ロシア連邦極東地域に所在するハバロフスク国際空港において新旅客ターミナル整備運営事業を共同で実施するための協議を更に推進することを確認しました。

161216.jpg

【署名式にて左から:JATCO 鷹城会長、JOIN 波多野社長、双日 佐藤社長、KHV バシューク社長】


本件事業は、JATCO、JOIN、および双日からなる日本連合とKHVとの共同で、ハバロフスク国際空港に新しい旅客ターミナルを建設し、その運営にあたろうというものです。日本が官民を挙げて進めている質の高いインフラ海外展開として位置づけられる本件の推進を通じて、ロシア極東地域の発展に寄与することも目指しています。今回の覚書締結を契機に、引き続き、日本連合内で協力しつつ、KHVとの最終合意に向けた協議を加速していきます。

双日として、空港運営分野への進出は、航空関連ビジネスをはじめとする各事業分野での豊富な知見を活かした事業多角化と価値創出の試みであり、空港インフラを核とした事業領域と当社機能の拡大によって、中長期的な視点で収益力強化を図っていきます。

以上

サイト内検索