双日、インドネシアへの進出希望企業への支援サービスを開始

~ 成長するアジア需要に対応し、特に中小企業の海外展開をサポート ~

PDF版[151.1 KB]

2012年1月30日

双日株式会社は、中小企業の旺盛なインドネシアへの進出意欲を受け、同国への日本企業の海外進出支援サービスを開始します。

本サービスは、進出企業による現地での企業設立、事務所斡旋・工場建設、設備調達・据付、各種許認可など、進出企業にとって負担の大きい煩雑な申請・手続に対する支援サービスで、総合商社としてのノウハウや実績を活用するものです。これにより、進出企業は、海外進出に関するリスクの低減や、コストの削減、進出までの時間の短縮が可能となります。

双日はインドネシアにおいて工業団地事業(工業団地名称:グリーンランドインターナショナルインダストリアルセンター)を進めており、日系企業を中心とした進出企業の増加に伴い、工業団地の拡張を決定しています。現時点での入居希望企業は、自動車部品メーカー・家電メーカー・食品メーカーなど生活産業分野のメーカーで、拡張後約200社の進出が見込まれています。双日は、今回の海外進出支援サービスにおいて、年間で30件程度の成約を見込んでいます。

双日グループの提供する海外進出支援サービス

  • 現地法人設立(BKPM投資許認可取得、定款作成、法務省許可取得、会社登記、外国投資運用口座への資本金振込法人税・付加価値税(VAT)番号、納税者登録番号(NPWP)、付加価値税番号(NPPKP)取得など)
  • 土地購入(契約手続、土地代の支払、登記手続)
  • インフラ接続手続き(電気引込、電話回線接続、上下水引込、団地管理)
  • 工場建設(基本設計、地質調査、ゼネコン選定、工事請負契約、建設許可(IMB)、施工管理)
  • 設備機械(選定、輸送、据付)
  • 物流(輸出入、国内輸送)
  • 保険全般
  • 人材募集(ワーカー、マネージャー、技術者等)

双日は、過去約20年間にわたり、インドネシアをはじめ、ベトナム・インドにて工業団地事業を取り組んでおり、順次、進出企業のニーズに応じたサービスを展開していきます。

以上

サイト内検索