フランスのスーツケース「ドットドロップス」の独占輸入販売権取得

~自分の好きなカラーリングを施し自分だけのオリジナルデザインに~

PDF版[248.9 KB]

2011年5月17日

双日グループで消費財を扱う双日ジーエムシー株式会社(本社:東京都港区、代表者:羽鳥直人)は、フランスの「ドットドロップス」(Dot-Drops)ブランドのスーツケースおよびカジュアルバッグ商品の日本市場における独占輸入販売権を取得しました。フランスのベルナール・エレット・デザイン社(本社:フランス、モルスハイム市、Bernard Ehret Design)と独占輸入販売契約を結び、2011年夏から日本市場での販売を開始します。

「ドットドロップス」は、機能面のみならず、個性、斬新さ、都会的なエレガンス、一人ひとりのパーソナリティやライフスタイルを大切にするブランドです。
独自のスタイルを取り入れることに前向きでクリエイティブな20代~30代の方々をコアターゲットとして想定しています。

110517_01.jpg

「ドットドロップス」のスーツケースは、表面に隆起状の丸いドット(点)が配列されており、11×15=165個のドットに、自分の好きなカラーリングパターンを施して、「自分だけのオリジナルスーツケース」に仕上げることが可能です。空港の手荷物受取所でも一目で自分のスーツケースを見つけることができるばかりでなく、街中でも個性をアピールすることができます。

またデザイン性の高さのみならず、ケース本体には、強度と耐久性に優れた素材であるポリカーボネート樹脂を用い、足回りには、滑らかな走りで定評のあるHinomotoブランドの360度回転4輪サイレントキャスター(日本製)を搭載しています。

110517_02.jpg

ベルナール・エレット・デザイン社は、ベルナール・エレット氏によって創設されたフランス・アルザス地方のモルスハイム市に拠点を置き、1967年に、アルザス革製品会社(The Societe Alsacienne de Maroquinerie)として発足しました。
1968年、グルノーブル冬季オリンピックを経て、スポーツ用バッグで成長、とりわけ防水布シートを用いたダイビングバッグは大ヒットとなりました。その後、ファッション性の高いトラベルバッグの分野にも参入。1979年には、自社ブランド「Jump」を立ち上げ、以降、フランスを代表するバッグメーカーとして事業を拡大してきました。

双日ジーエムシーは、2011年7月下旬から全国のセレクトショップ、バッグショップ、バラエティショップ、インターネット通販等での発売を予定しています。小売価格帯は25,000円から35,000円のレンジを想定しています。今後は、スーツケースのみならず、ソフトカジュアルバッグの分野へも商品レンジを拡大し、3年後に5億円(小売上代ベース)の販売を計画しています。

110517_03.jpg

以上

サイト内検索