双日株式会社

閉じる

図:資源

 

 

方針

双日グループは、サステナビリティ重要課題(マテリアリティ)において、下記を掲げています。

テーマ 内容
資源:持続可能な資源の開発・供給・利用 持続可能な資源*の開発・供給・利用を追求する。
省資源化、適切なエネルギーミックスの提案、資源の安定供給に取り組む。
*エネルギー資源、鉱物資源、食料資源、水資源、林産資源、水産資源などを含む

双日グループ環境方針

双日グループは、グローバル企業として、地球環境問題を経営上の重要な課題の一つとして認識し、持続可能な社会の実現に向け、事業活動において環境保全および汚染の予防に取り組むとともに、環境性能の高い競争力ある事業を推進します。

4. 省資源および廃棄物の削減・リサイクル
エネルギー・水の節減をはじめとした省資源および廃棄物の削減・リサイクルに取り組みます。

6. 持続可能な資源の追求
資源の安定供給や、適切なエネルギーミックスの実現に向けた取り組みを推進します。

双日グループ 環境方針

 

関連方針

双日グループ サプライチェーンCSR行動指針

木材調達方針

 

目標

サステナビリティ
重要課題
サステナビリティ
目標
事業領域 取り組み方針
資源 将来、需給がひっ迫する恐れがある資源の生産・供給 食料資源 食料の安定生産・品質確保に欠かせない肥料製造・販売事業、および肥料プラント建設事業を中心に、将来の人口増加を見据えた食料資源の確保に貢献する。
水資源 水資源の需要拡大が想定される新興国を中心に、生活水を安定供給する事業の組成・拡充を目指す。
水産資源 水産事業にて培ったノウハウを活かし、人工孵化した稚魚を成魚に育てる『完全養殖』に挑戦していく。
林産資源 2020年度までにトレーサビリティが確認できる調達木材の取扱いを100%にすること、及び将来的に、トレーサビリティに 加え、環境・社会面にも配慮した森林管理の適切性が確認できる調達木材の取扱い100%の達成を目指す。

 

体制

サステナビリティ委員会は、サステナビリティに関する全社方針や目標の策定、それらを実践するための体制の構築、整備、および各種施策の推進とその状況のモニタリングを行うことで、双日グループのサステナブルな成長を支えることを目的としています。

専門部署であるサステナビリティ推進室が、サステナビリティ委員会の事務局となり、グループ内の関連部署と連携し、双日グループのサステナビリティに関する取り組みの推進に努めています。

サステナビリティ委員会における討議内容

双日は、全社的に取り組むべきテーマとして、『人権』、『環境』、『地域社会』、『資源』、『人材』、『ガバナンス』の6分野から構成される『サステナビリティ重要課題(マテリアリティ)』と、取り組むべき施策を設定しています。このテーマと施策の設定に当たっては、2030年までの達成を目標とするSDGsをはじめとした国際規範も参照し、気候変動分野を含む『環境』など、当社の事業に関連する長期的な課題を選択しています。

サステナビリティ委員会で討議されている具体的な施策としては、「環境・社会リスクへの対応」「気候変動対策」「サプライチェーンCSRの推進」「木材調達方針の推進」「ESG開示」「環境ISO」「社会貢献活動」などがあります。

サステナビリティ委員会による管理と、監督を行う取締役会への報告
双日グループが展開する事業においてさらされるさまざまなリスクについては、「リスク管理基本規程」に則り、分類・定義され、年度毎にそれらリスクに対する「リスク管理運営方針・運営計画」を取締役会にて決議しています。(詳細については、こちらをご参照: リスク管理)これらのリスクの内、気候変動に関連するリスクを含む『環境・社会リスク』については、その対応方針や施策について、サステナビリティ委員会で討議し、経営会議および取締役会に報告し、実行されています。

2020年7月1日現在
*代表取締役

委員長
  • 代表取締役社長 CEO*
  • 委員
  • 副社長執行役員*(CFO 兼 主計、営業経理、財務、ストラクチャードファイナンス、IR、M&Aマネジメント室、コントローラー室管掌)
  • 副社長執行役員*(社長補佐、自動車、航空産業・交通プロジェクト、機械・医療インフラ、エネルギー・社会インフラ、金属・資源 管掌 兼 東アジア担当)
  • 専務執行役員(化学、食料・アグリビジネス、リテール・生活産業、産業基盤・都市開発管掌)
  • 執行役員(主計、営業経理、財務、IR 、コントローラー室担当本部長)
  • 執行役員(法務、広報担当本部長)
  • 執行役員(人事、総務・IT業務担当本部長)
  • 経営企画、サステナビリティ推進担当本部長
  • オブザーバー
  • 監査役
  • 経営企画部長
  • 広報部長
  • IR室長
  • 事務局
  • サステナビリティ推進室
  • モニタリング方法

    双日では、環境マネジメントシステムとしてISO14001を採用しています。一般的にはISO14001の管理対象は『環境』に関する活動ですが、双日では、その管理体制や情報伝達ルートを活用して、『人権』や『地域社会』など、『サステナビリティ目標』の進捗状況を広くモニタリングし、サステナビリティ委員会に定期的に報告しています。

    双日の環境マネジメントシステム 体制図(ISO14001)

    リスク評価(木材調達関連)

    約1500社ある双日グループの木材関連の仕入先の内、原産地のカントリーリスク(*1)が高い国の木材、または双日グループの仕入金額が大きい仕入先の木材を特定(*2)。特定した木材に対し、WWF ジャパンの監修(*3)のもと、「①原産地までのトレーサビリティ」と、環境・社会へ配慮した「②森林管理の適切性」を確認しています。

    1. *1:カントリーリスクには、腐敗や汚職に対して取り組む国際的な非政府組織であるトランスペアレンシー・インターナショナルが、毎年公開する公務員と政治家の腐敗度合を国際比較し、国別にランキングした腐敗認識指数(Corruption Perceptions Index)を採用しています。
    2. *2:カントリーリスクが低いと判断されている国の木材は除外。但し、当社が方針に照らして確認が必要と判断した木材は対象に含めています。尚、既存の仕入先のみならず、新規の仕入先についても対象としています。
    3. *3:「①原産地までのトレーサビリティ」と、環境・社会へ配慮した「②森林管理の適切性」を確認するツールとして、WWFジャパンの『林産物調達チェックリスト』の使用の推奨を受け、採用しています。また、同リストに規定されている、生物多様性の観点を含む保護価値の高い森林の保全状況や、人権問題の特定などの確認方法につき、WWFを講師に招き説明会を開催しました。同説明会には、双日の木材関連部署、及び木材関連の子会社が参加しております。また、以下に記載しております目標についても、WWFジャパンのアドバイスを参考にしております。

     

    取り組み

    双日ツナファーム鷹島のマグロ養殖事業におけるIoT・AI実証実験について

    水への配慮

    サプライチェーン上の取り組み

    サプライチェーンに関する『人権』の取り組みについて、ご紹介します。

    サプライチェーンCSR

     

    データ・認証

    =木材調達方針 2018年実施調査結果=
    2018年の調査結果では、レベルB以上の木材の割合は66%。トレーサビリティの確保のみが確認できたレベルCの木材が34%。トレーサビリティの確保が不十分なレベルDの木材は、目標であった0%を達成しました。

    このページの先頭へ