双日株式会社

閉じる

双日ロジスティクスと丸全昭和運輸、メキシコで物流合弁会社を設立

~米州地域における製造業向け国際物流サービスを拡充~

PDF版[370.3 KB]

2016年6月1日
双日株式会社
双日ロジスティクス株式会社
丸全昭和運輸株式会社

双日ロジスティクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平川真淳、以下、双日ロジスティクス)と、丸全昭和運輸株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:浅井俊之、以下、丸全昭和運輸)は共同出資により、メキシコ合衆国にて物流事業合弁会社「双日丸全ロジスティクス・メキシコ」(Sojitz Maruzen Logistics Mexico, S.A. de C.V.、以下、SMLM社、本社:サンルイスポトシ、営業所:イラプアト)を2016年5月19日付で設立しました。

メキシコは自動車市場世界第2位の米国と隣接し、北米と南米を結ぶ結節点に位置する地理的優位性、日本・メキシコ経済連携協定や北米自由貿易協定(NAFTA = North American Free Trade Agreement)といった世界46か国とのFTA締結による関税メリット、豊富な労働力などにより、製造会社の戦略拠点として注目を集めています。また、先ごろ大筋合意に至った環太平洋パートナーシップ(TPP = Trans-Pacific Partnership)協定の参加国でもあります。今回、SMLM社を設立したメキシコ中央高原地区は、米国のほか、アジア、欧州、南米へのアクセス環境が整備されており、自動車関連会社の進出が加速しています。

今回のSMLM社設立を機に、双日ロジスティクスと丸全昭和運輸は、両社の強みである大型設備輸送のノウハウを活かし、メキシコ進出企業に対して設備の輸入通関から国内配送、据え付けまでの「設備機械一貫輸送サービス」体制を構築します。また、双日グループの総合商社としてのグローバル・ネットワークを活用した原材料の調達物流や製品の国内輸送に加え、双日ロジスティクスの米国法人である双日ロジスティクス・コーポレーション・オブ・アメリカ(Sojitz Logistics Corporation of America、本社:米国イリノイ州アイタスカ)との連携により、メキシコと米国、メキシコとアジア、メキシコと欧州を結ぶ「総合物流サービス」を提供し、幅広い顧客ニーズに対応していきます。

以上

【SMLM社所在地】

160601.jpg

双日丸全ロジスティクス・メキシコ概要

会社名 Sojitz Maruzen Logistics Mexico, S.A. de C.V.
所在地 本社:
メキシコ合衆国 サンルイスポトシ州サンルイスポトシ
218 Nivel 2 Edificio Alfa WTC Industrial, Ave. Central 104,
Col. Parque Logistico, San Luis Potosi, SLP, CP78395, Mexico
営業所:メキシコ合衆国グアナフアト州イラプアト
Plaza de las Fuentes 6273 - Local 11, Centro Empresarial
Villas, Irapuato, GTO, CP36670, Mexico
設立日 2016年5月19日
営業開始 2016年6月中旬予定
出資比率 双日ロジスティクス   66.7%
丸全昭和運輸グループ  33.3%
(丸全昭和運輸28.3%、丸全アメリカ5.0%)
事業内容 国際総合物流サービス

このページの先頭へ