双日、フィリピンで自動車販売金融市場に参入

PDF版[225.3 KB]

2016年2月1日
双日株式会社

双日株式会社は、株式会社ジャックス(本部:東京都渋谷区、代表取締役社長:板垣 康義、以下、ジャックス)、フィリピンで三菱ブランド自動車を組立・販売するミツビシ・モーターズ・フィリピンズ(Mitsubishi Motors Philippines Corporation、以下、MMPC)、および同国最大の商業銀行ビー・ディー・オー・ユニバンク(BDO Unibank, Inc.、以下、BDO)の子会社ビー・ディー・オー・リーシング・アンド・ファイナンス(BDO Leasing and Finance, Inc.、以下、BDOLF)と、このたび、フィリピンで三菱ブランド自動車を専門に取り扱う販売金融会社、エムエムピーシー・オート・ファイナンシャル・サービシズ(MMPC Auto Financial Services Corporation、以下、MAFS)を合弁で設立することについて合意し、1月28日付で合弁契約を締結しました。

MMPCはフィリピンで1963年創業の歴史を誇り、現在では同国自動車市場においてブランド別年間販売台数で第2位の地位を築いています。双日は1972年以来、MMPCの株主として同社の事業拡大と運営に深く関わってきました。

MAFSにおいて、双日とMMPCは三菱自動車ディーラーと連携しながら共同で営業展開とマーケティングを担い、ジャックスは日本およびベトナムとインドネシアで培った販売金融のノウハウを提供します。また、BDOLFはBDOが全国に有する拠点網を通じてフィリピンの金融ノウハウの提供や運営面での支援を行うことで、強固な経営体制を構築します。これにより、双日とMMPCはフィリピンで三菱ブランド車の更なる販売拡大を推進します。

約1億人というアジア有数の人口を抱えるフィリピンの自動車販売市場は、近年の同国の堅調な経済成長と消費市場の伸張とともに拡大を続けており、2015年の年間販売台数は前年比19%増加の約32万台を記録、MMPCはこのうち約5.4万台(市場シェア約17%)を占有しています。今後、MAFSとして2020年までに年間2万台超の三菱ブランド車の販売金融の契約獲得を目指します。

双日は、ジャックス、MMPC、BDOLFとともに、MAFSによる事業展開を通じて、同国の自動車ユーザーにとって魅力のある販売金融商品の開発、審査手続きの迅速化などにより利便性向上と競合他社との差別化をはかり、お客様により多くの販売金融の利用機会を提供します。同時にフィリピンの自動車産業と金融市場の成長に寄与し、同国の経済発展と生活水準の向上に貢献してまいります。

以上

(ご参考)

エムエムピーシー・オート・ファイナンシャル・サービシズ(MAFS)の概要

会社名 MMPC Auto Financial Services Corporation
設立 2016年2月予定
資本金 約21億円(双日35%、ジャックス20%、MMPC5%、BDOLF40%)
本社 フィリピン・パシッグ市
事業内容 三菱ブランド自動車の販売金融事業

ジャックスの概要

会社名 株式会社ジャックス
設立 1954年6月
資本金 161億3,818万円
本部 本部東京都渋谷区恵比寿4丁目1番18号
事業内容 ショッピングクレジット・オートローン・クレジットカード・
ローンカード・信用保証・住宅ローン保証・集金代行

ミツビシ・モーターズ・フィリピンズ(MMPC)の概要

会社名 Mitsubishi Motors Philippines Corporation
設立 1963年2月
資本金 約45億円(三菱自動車工業51%、双日49%)
本社 フィリピン・ラグーナ州・サンタローザ
従業員数 940名
事業内容 三菱ブランド自動車の組立・販売

ビー・ディー・オー・リーシング・アンド・ファイナンス(BDOLF)の概要

会社名 BDO Leasing and Finance, Inc.
設立 1981年5月
資本金 約62億円(BDO Unibank約85%、他)
本社 フィリピン・ケソン市
従業員数 191名
事業内容 リース業

サイト内検索