双日ロジスティクス、米国の物流会社を買収

~米州の物流ビジネスを拡大~

PDF版[316.6 KB]

2015年11月4日
双日株式会社
双日ロジスティクス株式会社


双日ロジスティクス株式会社(本社:東京都千代田区、社長:平川真淳)は、米国の中堅物流会社であるメット・ロジスティクス社(MET Logistics, Inc.、通称:ジュノ・ロジスティクス Juno Logistics、以下、ジュノ)の株式100%を取得し、新たに双日ロジスティクス・コーポレーション・オブ・アメリカ(Sojitz Logistics Corporation of America)として本年10月1日より営業を開始しました。

ジュノは、日系企業を中心とするお客様に向けて国際複合一貫輸送(※NVOCC事業)を幅広く展開し、自動車部品輸送に強みを発揮してきました。同社は24時間365日の緊急対応や、独自の輸送管理システムによる荷主への迅速な輸送貨物情報の提供など、高品質できめ細かな物流サービスでお客様から高い評価をいただいており、今後も≪Juno Logistics≫のブランド名を引き継いで営業活動を行っていきます。

米国では堅調な経済を背景に、自動車生産・販売とも年々成長を続けています。また、コスト競争力に優れるメキシコには日系自動車メーカーが相次いで進出し、巨大市場である米国向けを中心に自動車や部品の生産・輸出を増やしています。これに伴い、米国およびメキシコでは部品・原材料の荷動きがますます活発化しており、この傾向は今後も続くものと予測されます。

双日グループは、今回の買収によって米国に独自の物流拠点を確立し、米国内での物流拡大を図るとともに、米国とメキシコを結ぶ物流の展開、また、双日グループのネットワークを活用した米国=アジア間、米国=欧州間の輸送の取り込みを図り、ビジネスを拡大してまいります。

 ※NVOCC(Non-Vessel Operating Common Carrier : 非船舶運航業者)

151104R.jpg

       【カンパニー・ロゴと本社外観】

双日ロジスティクス・コーポレーション・オブ・アメリカ
(Sojitz Logistics Corporation of America)の概要

通称 Juno Logistics
設立 2002年5月20日
所在地 本社:米国イリノイ州アイタスカ
支店:米国カリフォルニア州ロサンゼルス
事業内容 物流サービス(NVOCC・フォワーディング)
免許・許認可 NVOCC、IATAライセンス、C-TPAT認証、TSA Certified

以上

サイト内検索