インドネシアにおける双日の関連会社プラデルタ・レスタリ、 ジャカルタ証券取引所に上場

PDF版[216.1 KB]

2015年6月1日
双日株式会社

双日とインドネシアの財閥のシナル・マス・グループ(Sinar Mas Group)傘下の不動産会社シナル・マス・ランド・グループ(Sinar Mas Land Group)等が出資する総合都市開発事業会社のプラデルタ・レスタリ(PT. Puradelta Lestari Tbk/以下、PDL社)は、5月29日にインドネシアのジャカルタ証券取引所に上場しました。

PDL社はインドネシア・ジャカルタ市に隣接するブカシ県で、約3,000ヘクタールのデルタマス・シティ(Deltamas City、住宅・商業・工業団地の総合都市)の開発、運営を展開しており、このデルタマス・シティ内でグリーンランド・インターナショナル工業団地(Greenland International Industrial Center/以下、GIIC、約1,300ヘクタール)の開発を推進しています。GIICは日系企業のお客さまに満足いただける水準のインフラやセキュリティーなどを完備し、現地進出に必要な許認可手続き、引越し支援、物流サポートなどを含む様々なサービスも提供しています。このたび、レンタル工場の操業も開始し、より一層の利便性向上を実現しました。

GIICには、既に自動車組立工場、自動車・バイク部品、生活資材、日用品等の製造会社や食品会社などが進出し、80社(うち、日系企業64社)が入居しています。現在、第二期区画を販売中で、約1ヘクタールから100ヘクタール程度の区画まで、お客さまの多様なニーズに応えることが可能です。

今回のPDL社の上場は、株式公開会社化による信用力向上のほか、更なるインフラ整備への投資加速や用地の取得を目的としています。今後、市場からの調達資金を活用して、GIIC内でのレンタル工場、サービスアパート、ビジネスホテルの整備や、イオンモール出店予定地を核として駐在員の皆さま、ならびに地域住民の方々にも満足いただける住生活環境を備えた街づくりを目指し、GIICの利便性を更に高めます。これにより、株主価値向上を図るとともに、日系企業のインドネシアへの投資を加速させ、同国の経済発展に貢献していきます。

プラデルタ・レスタリ社の概要

名称 PT. Puradelta Lestari Tbk(PDL社)
本社所在地

Kota Deltamas Jalan Tol Jakarta Cikampek KM37,
Cikarang Pusat, Bekasi, Indonesia

設立時期 1993年11月

出資構成

(上場後)
双日:22.5%、シナル・マス・ランド・グループ:45%
事業内容 住宅・商業・工業団地の総合開発、運営

デルタマス・シティの概要

名称 Deltamas City
立地 インドネシア 西ジャワ州ブカシ県
内容 住宅・商業・工業団地の総合都市
開発規模 総開発面積約3,000ヘクタール(うち、GIIC工業団地は約1,300ヘクタール)

グリーンランド・インターナショナル工業団地の概要

名称 Greenland International Industrial Center(GIIC)
開発着手時期 2008年7月
基礎インフラ設備 電力、給水、排水、通信、ガス、物流センター、レンタル工場(1,100㎡から使用可)
開発規模 総開発面積約1,300ヘクタール(第一期約700ヘクタール、第二期約600ヘクタール)

サイト内検索