双日、社会的責任投資の株価指数「DJSI World」、「DJSI Asia Pacific」の構成銘柄に選定

PDF版[258.4 KB]

2018年9月14日
双日株式会社

双日株式会社(以下、双日)は、今般、世界的に認知度の高い社会的責任投資*のグローバル株価指数「Dow Jones Sustainability Index(DJSI)」の「World」、及び「Asia Pacific」の2018年度の構成銘柄に選定されました。
* 個人や機関投資家が投資を行う際に従来の財務分析による投資基準に加え、企業の社会的責任を考慮して行う投資手法

・Dow Jones Sustainability Index(DJSI)

DJSIは、米国S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社とスイスのロベコSAM社により提供されている株式指標で、企業の持続可能性について、「経済」、「環境」、「社会」側面から多角的に評価し、対象銘柄が選定されます。銘柄は毎年9月に見直され、今年は、世界の調査対象企業約3,500社の中から、World Indexとして317社、日本企業は34社が選ばれています。

・双日の選定理由

双日は、サステナビリティ重要課題(マテリアリティ)、コンプライアンス、及びリスク管理関連の各種取り組みや、開示の透明性が向上したことが評価されています。

双日は、企業理念に掲げる「豊かな未来の創造」に向け、今後も、さまざまなステークホルダーの期待に応えながら、企業活動を通じて、事業基盤の拡充や持続的成長といった「双日が得る価値」と、国・地域経済の発展や人権・環境配慮など「社会に還元する価値」の双方に共通する『2つの価値』の最大化に取り組んでまいります。

img_180914.jpg

■双日のサステナビリティの取り組み
http://www.sojitz.com/jp/csr/

■双日のサステナビリティ重要課題(マテリアリティ)
http://www.sojitz.com/jp/csr/priority/

(参考)

■Dow Jones Sustainability Indices
http://www.sustainability-indices.com/

サイト内検索