双日、農業ベンチャーの一部株式を取得

~国内農業の活性化と地方創生へ貢献~

PDF版[548.8 KB]

2016年3月2日
双日株式会社

双日株式会社(以下、双日)は、農業ベンチャーの株式会社ファーム・アライアンス・マネジメント(以下、FAM社)と農業関連事業を共同開発・推進していくため、このたび、FAM社の発行済み株式14.7%を取得し、FAM社との間で資本・業務提携契約を締結しました。

FAM社は、農業生産における安全管理の主要な国際的認証規格であるGLOBALG.A.P. (以下、グローバルGAP)に適合した農産物の生産情報管理システム、ファームレコーズ(Farm Records)の開発・運営、農業生産者に対するグローバルGAP認証取得コンサルティング、また、安心、安全な農産物の販売を主としたビジネスを展開しています。

近年、食品の安全確保の重要性がますます高まる中、国内外の農産物の流通において、サプライヤーによるグローバルGAP等の認証取得が取引条件として求められつつあります。グローバルGAPは世界120ヵ国以上で適用されており、16万軒以上の生産者が取得していますが、日本では未だ約280軒に留まっています。FAM社は2012年の設立以来、グローバルGAPの取得・維持、効率的な農業経営を実現する農業生産情報管理システムを開発・運営しながら同認証規格の普及に貢献し、全国でフランチャイズ展開を進めています。

双日は今般の契約締結により、国内での農業関連事業の幅出し、拡大を行うと共に、FAM社の農業生産情報管理システムの更なる普及を通じて、日本の農産物の安全管理レベルを世界基準にも適応可能とすべく環境整備を進めます。また、農業生産者に対し、双日のネットワークを通じた効率的・効果的な農資機材の調達、海外展開等を支援していきます。更に、グローバル展開の実績をベースとした幅広いノウハウや独自のネットワークなどを活かし、農産物輸出の他に、FAM社の海外での事業展開を目指して取り組みます。

TPPの大筋合意、和食のグローバル化等、国内農業を取り巻く環境が著しく変化している中、日本政府は農産品の輸出額1兆円の早期達成を目標としています。また、農産物・食品流通事故が多発している中、食品の安心・安全への関心、トレーサビリティーの重要性も増しており、国内農業生産者・企業のグローバルGAP取得ニーズは高まりつつあります。双日はFAM社との提携を通じて、日本農業のグローバル対応を通じた活性化と地方創生に貢献していきます。

株式会社ファーム・アライアンス・マネジメント(FAM社)の概要

設立 2012年3月
本社所在地 〒102-0074 東京都千代田区九段南3丁目4番5号 番町ビル3階A
資本金 93,752,500円
主な事業内容

・農業生産のフランチャイズ・チェーンの展開
・農業コンサルティング
・農業生産情報管理システムサービスの提供
・農産物の卸売および販売

代表者 松本 武(代表取締役)
株 主 JR西日本(46.7%)、松本 武(17.7%)エヌアイデイ(9.8%)等


以上

(ご参考)

160302_R.jpg

サイト内検索