双日、熊本県球磨郡錦町で太陽光発電所を竣工、商業運転を開始

PDF版[504.9 KB]

2014年12月11日

双日株式会社(以下、双日)は、100%出資子会社である未来創電球磨錦町株式会社(本社:東京都千代田区内幸町、代表取締役社長:橋本政和)が熊本県球磨郡錦町で運営する球磨錦町太陽光発電所の竣工式を、本日12月11日、執り行いました。同発電所は2014年11月30日に完工し、12月1日より商業運転を開始しています。

本件は、双日が2010年よりドイツで行っているメガソーラー事業のノウハウを生かして、合計出力約12.77メガワットの太陽光発電所を運営するもので、2014年10月から商業運転を開始した北海道斜里郡小清水町の太陽光発電所に次ぎ、当社の国内における第二号案件となります。発電規模は一般家庭約3,500世帯分の消費量に相当し、発電した電力は再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用して九州電力へ売電します。

双日は、メガソーラーを含めた再生可能エネルギーの拡大に、今後も積極的に取り組み、持続可能な社会の構築に貢献していきます。

141211_01.jpg

141211_02.jpg
【球磨錦町太陽光発電所】

ご参考

未来創電球磨錦町株式会社

代表者 代表取締役社長 橋本政和
設 立 2013年2月
本 社 東京都千代田区内幸町2-1-1
株 主 双日株式会社100%

 

未来創電球磨錦町株式会社 球磨錦町太陽光発電所の概要

事業者名 未来創電球磨錦町株式会社
事業内容

再生可能エネルギーの固定価格取制度に基づく20年間の太陽光発電事業

事業場所 熊本県球磨郡錦町大字木上北
敷地面積 約166,000平方メートル
発電容量 約12.77MW
連系出力 約9.0MW

以上

サイト内検索