双日株式会社

閉じる

双日エアロスペース、米国テーザー社製 着衣式ビデオカメラの取扱い開始

~捜査や警備等における確認・証拠映像/音声取得に力を発揮~

PDF版[289.4 KB]

2014年2月21日
双日株式会社
双日エアロスペース株式会社

双日エアロスペース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:竹内幹男以下、双日エアロスペース)は、米国テーザー インターナショナル社が開発した着衣式(ウェラブル)ビデオカメラ「AXONビデオシステム」の取り扱いを開始いたしました。

「AXON ビデオシステム」は、撮影者が業務を執行中に、両手を本来の業務に使いながら録画や録音ができる軽量・コンパクトな「着衣式(ウェラブル)ビデオカメラ」 です。警察の犯罪捜査員や建物・イベント等の警備スタッフが装着することで、捜査・警備中に事件や事象が起きた場合の映像・音声をその場でそのまま記録し て事実の確認・証拠映像としたり、捜査や警備に関する苦情や訴訟への対策などに活用ができます。

「AXON ビデオシステム」は、固定式監視カメラにはない機動性を実現し、固定式監視カメラを代替・補完します。メガネ、帽子、衣服等にAXONカメラを装着するこ とにより、装着者が意識することなく、見たもの・聞いたものを最大で12時間にわたって録画・録音することが可能です。

双日エアロスペース は、全国の警察及び自衛隊など公的機関や民間警備会社、イベント運営会社などの事業者向けに「AXON ビデオシステム」を用いたシステム構築を実施いたします。もともと犯罪捜査などの証拠映像取得装置として開発されたものであるため、撮影した映像・音声 データを非常に機密性の高いクラウド上で保存する機能「Evidence.com」や、映像・音声データを任意の保存先に自動送信するアップローダー等の オプションを取り揃えています。

なお、「AXON ビデオシステム」は、「下町ボブスレーネットワークプロジェクト」への貸し出しを通じて、ボブスレー開発及び日本の競技技術の向上に役立てていただいております。

双 日エアロスペースでは、テロ対策などセキュリティ維持に関連した分野での製品群の取扱いに力を入れており、空港や大規模イベント向けの金属探知器、重要施 設をテロ攻撃から守る油圧バリケードや盗聴器発見装置等で多くの実績を積み上げて参りました。今後も、これらの知見をもとに、社会の安全に貢献して参りま す。

【主な仕様】

AXONビデオシステム
  AXON Flex(カメラとバッテリー&コントローラーが分かれています)
    外形寸法 82mm×18mm×18mm、重量 約80g
   
  AXON Body(バッテリー&コントローラーにカメラが内蔵されています)
       外形寸法 65mm×85mm×19mm、重量 約110g

 AXON Flex、AXON Body共に、録画した映像・音声をその場で、お手持ちの
 スマートフォンやPCで視聴する事ができます。

    解像度:640 x 480ピクセル(共通)
    フレームレート:30フレーム/秒(共通)
    圧縮規格:MPEG4(共通)
    耐候性:IPX2、防滴II形(共通)
    視野角:AXON Flexは75度、AXON Bodyは137度

140221.jpg

                 装着例

※製品ホームページ
http://www.sojitz-aero.com/security/index.html

【製品に関するお申し込み・お問い合わせ】
双日エアロスペース株式会社 民間プロジェクト室
担当    : 遠藤幸信
電話    : 03-6870-7206  
E-mail : endo-yukinobu@sojitz-aero.com

以上

このページの先頭へ