双日、東日本大震災により停止していた水産加工事業を再建

~地元自治体との協力で2012年にも生産を開始予定~

PDF版[135.2 KB]

2011年10月26日
双日株式会社
双日食料水産株式会社

双日株式会社は、子会社の双日食料株式会社の100%子会社で、水産加工業を営む双日食料水産株式会社について、東日本大震災とその後の津波により停止していた工場を、関係者の皆様の協力のもと、再建し、生産を再開することを決定致しました。

新工場は、岩手県釜石市鵜住居町に建設する予定にて、2011年11月に建設に着工し、2012年2月に完成、同月操業を開始する予定です。

双日食料水産は、これまで、岩手県大槌町で水産加工業を行っていましたが、2011年3月11日に発生した東日本大震災にともなう津波により、工場や倉庫などが被害に遭い、その後現在に至るまで生産を停止していました。

双日食料水産は、再開後、国内において瓶詰鮭フレークと業務用鮭フレークを生産します。また、中国などの協力工場において委託製造したシメサバの輸入も順次再開し、量販店などの小売店を中心に販売を進め、2014年度までに売上高16億円を目指します。

双日グループは、東日本大震災からの着実な復興に向けて、継続的な支援を実行していきます。

以上

参考

新工場の概要(予定)

建設予定地 岩手県釜石市鵜住居町第10地割30番地内
敷地面積 2,020坪
工場面積 製造施設442坪、倉庫・冷蔵庫280坪 事務所および厚生施設116坪
設備概要 焙焼機、充填機、高圧殺菌機、冷凍庫等
業務内容 鮭フレークの製造・加工・販売

双日食料水産概要

社名 双日食料水産株式会社
本社所在地 東京都港区
創業 1989年6月
資本金 10百万円
売上高 2,281百万円(2011年3月期)
資本構成 双日の子会社双日食料株式会社の100%出資会社

サイト内検索