双日株式会社

閉じる

双日、アフリカ開発支援の国際金融機関であるAFCと戦略提携

~アフリカのインフラ事業、資源開発を推進~

PDF版[19.2 KB]

2010年8月11日

双日株式会社は、アフリカの開発事業を支援する国際金融機関であるAFC(Africa Finance Corporation)との間で、アフリカのサブサハラにおけるインフラ事業、資源開発の推進について協業していくことに合意し、覚書に調印致しました。

AFCは、ナイジェリアが中心となって2007年に発足した国際金融機関で、現在、ナイジェリア、ギニアビサウ、シエラレオネ、ガンビア、リベリア、ギニア共和国がメンバーとして参加しています。AFCは、アフリカの開発事業について、プロジェクトの組み立てやコンサルティング、投融資などを実行したり、アフリカ企業と海外企業の橋渡しを行ったりしています。AFCの実績として、ガーナにおけるIPP(独立系発電事業者)事業への出資や、アフリカと欧州を結ぶ海底ケーブル事業への出資などがあります。

双日とAFCは、アフリカの10カ国(ナイジェリア、ガーナ、カメルーン、アンゴラ、タンザニア、ウガンダ、モザンビーク、ボツワナ、ナミビア、南アフリカ共和国)をターゲット国として、発電事業、重工業、石油・ガス開発の3分野について協業を進めていきます。双日とAFCが持つノウハウやネットワークを生かし、プロジェクトに関する情報交換や提案を行っていくことにより、新規ビジネスの創出や、アフリカの産業振興に貢献する事業の推進に取り組んでいきます。

双日は、アフリカを重点地域と位置付けており、戦略要員を派遣して市場開拓に取り組んでいます。AFCとの戦略提携により、IPP事業やプラント建設などのインフラ事業や資源開発などの有望プロジェクトを発掘、推進していくことにより、アフリカでの事業拡大を目指します。

Africa Finance Corporation 概要

設立 2007年
代表者 Adebayo Ogunlesi, Chairman
資本金 US$1.1 billion
所在地 3a Osborne Road, Ikoyi Lagos, Nigeria
活動内容 アフリカにおけるインフラ事業などへの投融資実行やコンサルティングなどによるプロジェクト支援

 以上

このページの先頭へ