双日株式会社

閉じる

双日、ITアウトソーシング事業に進出

リモートITインフラマネジメントの米国ネットエンリッチ社に出資

PDF版[98.1 KB]

2008年4月3日

双日株式会社は、米国ITサービス会社ネットエンリッチ社(本社:米国カリフォルニア州、NetEnrich,Inc.)と資本提携に関する基本契 約を締結し、米国および日本・アジア地域においてITアウトソーシング事業に進出します。出資金額は約5百万ドルで、ネットエンリッチ社の第三者割当増資 を引受け、同社を持分法適用会社とします。

img_080403_01.gif

ネットエンリッチ社は、米国で中堅・中小企業向けのITアウトソーシング事業をおこなっており、自社開発した遠隔管理システム 『VPMG(ヴィーピーエムジー)』を用いて、インドのハイデラバードに設置された管理・オペレーションセンターから、顧客企業のサーバーやパソコン等の ITインフラを遠隔操作で保守・管理するサービスを提供しています。ITリテラシー(専門性)の高いインド技術者の活用によって、遠隔から保守・管理サー ビスを行なうことにより、24時間365日体制で質の高いサービスの提供を実現しています。

双日は、ICT事業再構築の一環としてネットエンリッチ社と組み、グループ内のデータセンター事業等と連携し、双日グループの持つ 取引先など幅広い顧客層に対して最先端の様々な高付加価値ITサービスを提供していきます。また、インドに続くIT成長国として期待されるベトナムにおい ては、双日が従来市場優位性を持っており、ネットエンリッチ社の技術を用いた管理・オペレーションセンターの新規開設による事業開発を検討しています。

■ネットエンリッチ社が提供するITサービス例
・顧客企業IT部門にかかる運用コスト・負荷の軽減、業務の可視化、仮想化導入・運用サービスの提供
・データセンター事業者の運用コスト削減、マネージドサービスのパッケージ提供、仮想化支援
・海外に進出する日系企業のITインフラ一元管理・ITレベルの統一

■ ネットエンリッチ社概要:
代表者 : Jagannadha Raju Chekuri
設立年 : 2003年10月
本社 : 米国カリフォルニア州
資本金 : 3.25百万ドル
従業員数 : 105人

 

【ご参考】

ネットエンリッチ社が狙うITインフラ管理の市場規模と成長率
■ 世界市場規模 約800億ドル(約9兆200億円)/伸び率は5~10%
■ 日本市場規模 約1兆8800億円/伸び率は前年比6.9%

 

以上

このページの先頭へ