双日株式会社

閉じる

双日、埼玉県で大型ショッピングセンターを開発

「モラージュ菖蒲」着工、2008年11月開業予定

PDF版[68.0 KB]

2008年1月28日

双日株式会社と双日商業開発株式会社(本社:東京都港区赤坂、代表者:関口昇司、双日100%出資)は、埼玉県南埼玉郡菖蒲町に大型ショッピングセ ンター「モラージュ菖蒲(しょうぶ)」を開発致します。建設地は既に造成工事が完了しており、このほど建築確認手続きを完了、2008年11月の開業を目 指し建築工事に着手致しました。

「モラージュ菖蒲」は、敷地面積143,000m2、延べ床面積140,000m2の3階建て大型ショッピングセンターです。建設 地は、独立行政法人都市再生機構が施行中の「菖蒲北部土地区画整理事業」域内で、JR宇都宮線・東武伊勢崎線久喜駅から西に約5km、2008年夏頃開通 予定の国道122号バイパスと県道川越栗橋線の結節点に位置します。また、2010年度には圏央道が部分開通予定で、菖蒲白岡インターチェンジからは約 3kmとなります。半径10~15kmを商圏と想定しており、エリア内人口約100万人を集客対象とします。

080128_01.jpg

モラージュ菖蒲 完成予想図

「モラージュ菖蒲」は、3階建て吹き抜けモール型ショッピングセンターで、核店舗として両端にスーパーマーケットや複数の大型専門 店を据え、その間をつなぐ通路(モール)部分に約260の専門店を配置します。また、シネマコンプレックスや一日中楽しめるキッズテーマパークを設置する など、子ども連れファミリー層をメインターゲットとして意識した施設を展開します。キッズテーマパークは「自然の中で冒険」をメインテーマに施設1階部分 に設置予定で、「オアシス」、「アスレチック」、「コミュニケーション」、「エデュケーション」などテーマ性のある遊戯施設で構成します。

双日が開発する「モラージュ」シリーズ(モラージュ佐賀<<2003年開業>>、モラージュ 柏<<2004年開業>>、モラージュ菖蒲<<2008年11月開業予定>>、モラージュ泉 北<<22010年春開業予定>>)は、様々な開発・運営ノウハウを取り入れながら進化しており、施設計画や運営において省エネ ルギー、省資源、廃棄物削減、リサイクルなど多岐にわたる取り組みを実施し、環境負荷低減にも努めています。また、「真ん中に人がいる」をコンセプトに、 モノ売り主体のショッピングセンター概念ではなく、人とその生活スタイルを多角的にとらえ、生活創造を応援します。

080128_02.jpg

モラージュ菖蒲 建設地(埼玉県南埼玉郡菖蒲町)

モラージュ菖蒲 概要

所在地 埼玉県南埼玉郡菖蒲町大字菖蒲字伊勢浦3564番地他
敷地面積 143,000m2
延べ床面積 140,000m2
商業施設面積 90,000m2
駐車場台数 4,500台
駐輪台数 1,000台
営業時間 10:00~21:00(一部店舗 ~22:00及び~24:00)、年中無休
出店予定 ヨークマート、109シネマズ他約260店
就業予定者数 2,500人

「モラージュ(Mallage)」とは、「モール(mall)」+「時代(age)」の造語です。 ロゴマークは、モールコンセプト「真ん中に人がいる」がビジュアル化され、 モールの中心に「人」が立っているように見立てたデザインとなっており、 「ショッピングモールの新時代」を築いていくブランドイメージを象徴しています。

080128_03.jpg


「モラージュ」シリーズが関西の地に新たな息吹を吹き込みます。

以上

このページの先頭へ