双日株式会社

閉じる

双日、データセンター運営事業に進出

業界大手に出資、筆頭株主に

PDF版[13.8 KB]

2008年1月25日

双日株式会社は、2007年12月27日にデータセンターを運営するさくらインターネット株式会社と戦略的資本提携に関する基本合意書を締結し、具 体的な条件の協議を進めて参りましたが、2008年1月25日に資本提携を行うことで合意し、さくらインターネットが2月13日に実施する第三者割当増資 を引き受けることと致しました。

双日は、さくらインターネットが新規に発行する普通株式12718株を一株につき 78628円、総額9億9999万円で引き受けます。増資後のさくらインターネットの 総株数は44988株で、双日は28.3%を保有する筆頭株主となり、さくらインターネットは双日の持分法適用会社となります。また、双日は役員一名を派 遣し、今後、経営に参画致します。これにより、さくらインターネットの財務体質を強化するとともにさくらインターネットのデータセンター事業の継続的発展 を図ります。

双日は、総合商社としての幅広いネットワークを活用し、さくらインターネットのデータセンター事業における新規販路の拡大を行うと ともに、付加価値の高いサービス開発を推進します。具体的には、さくらインターネットへの顧客の流し込みを行うほか、さくらインターネットの大容量バック ボーン回線とデータセンター運営ノウハウを活用し、双日の持つ幅広い顧客層に対してASP(Application Service Provider)・SaaS(Software as a Service)などの様々なITサービスを展開していく方針です。 加えて、海外の先端技術等を導入し、さくらインターネットの効率的運営を助けるとともに、技術力・商品力の強化を積極的に推し進めて参ります。

以上

このページの先頭へ