双日株式会社

閉じる

丸紅と双日、豪州石炭プロジェクトの開発を決定

PDF版[35.6 KB]

2007年10月10日

丸紅株式会社と双日株式会社は、豪州クイーンズランド州(Queensland)レイクバーモント(Lake Vermont)石炭プロジェクトのパートナーである豪州・QCMM社(Queensland Coal Mine Management Pty Ltd)および米国・AMCI社(American Metals &Coal International, Inc)とともにレイクバーモント石炭プロジェクトの開発を決定致しました。同炭鉱は豪州における大型露天掘り炭鉱であり、今後はインフラや設備機器等の 開発費総額約248億円を投じて開発を行い、2009年をめどに生産開始を予定しています。開発後は、低灰分・低硫黄分の特性を有する良質原料炭および PCI炭を年間3~4百万トン生産し、日本およびアジア、南米等への顧客への安定供給を行って参ります。

プロジェクトの概要

(1)炭鉱位置 豪州Queensland州
積出港のDBCT港へは235km、Gladstone港へは475km
(2)埋蔵量 93.2百万トン(操業許可取得鉱区のみの埋蔵量。他の保有鉱区においても160百万トン程度の追加炭量が期待できる。)
(3)生産開始 2009年1-3月頃
(4)生産方法 露天掘り
(5)生産量 年間3-4百万トン
(6)マーケット 日本・ブラジル・中国・インド等
(7)権益比率 丸紅10%(QCMM社分と合わせて33.33%)
双日10%
AMCI社10%
QCMM社70%

QCMM社概要

所在地 豪州クイーンズランド州ブリスベン
会社設立 1987年
事業内容 炭鉱の開発・採掘・出荷
株主構成 丸紅、Zashvin社、Anglo Coal社

それぞれ1/3ずつ保有

AMCI社概要

所在地 米国コネチカット州グリニッジ
会社設立 1986年
事業内容 炭鉱の開発・採掘・出荷
株主構成 Fritz R. Kundrun 氏(Chairman & C.E.O)51%、Hans J. Mende 氏(President)49%

Lake Vermont Joint Venture概要

img071010.gif

以上

このページの先頭へ