双日株式会社

閉じる

富士重工業と双日、ウクライナでスバル車の販売を本格展開

新会社のスバル・ウクライナ社を通じて2007年に販売台数倍増を目指す

PDF版[11.1 KB]

2006年7月5日

富士重工業株式会社と双日株式会社は、ウクライナでスバル車の販売を本格展開いたします。2006年5月に設立したスバル車の輸入販売会社であるス バル・ウクライナ社(Subaru Ukraine LLC / 本社: キエフ、代表者:久保哲也)を通じて、ウクライナにおけるスバル車、部品の輸入・販売、ディーラー網の整備やマーケティングを行っていきます。

スバル・ウクライナ社の資本金は、1500万グリブナ(約3億3900万円)です。双日が51%出資し、49%は従来ウクライナでスバル 車の輸入ディーラーを営んでいた、メガ・モーターズ社とメルクーリ社の折半出資会社であるAWDモーターズ社(LLC “AWD Motors”/本社:キエフ、代表者:Mr. Pavlo Oleksiyenko)が出資しています。

富士重工業と双日は、これまでウクライナの輸入ディーラーを通じて、スバル車の販売をしてきました。2005年のウクライナでのスバル車 の販売台数は約1500台でしたが、今後は、スバル・ウクライナ社を通じた販売展開により、2007年には現在の2倍となる年間約3000台の販売を目指 します。新販売体制により、富士重工業が掲げるスバルのマーケティング戦略に基づいた顧客サービスを提供していきます。また、ウクライナ市場での販売車種 は、レガシィ、アウトバック、フォレスター、インプレッサの4車種に加えて、今年秋から他の欧州地区と同様に、B9トライベッカの取り扱いも開始する計画 です。

富士重工業と双日は、経済成長が著しいCIS地域におけるスバル車の拡販とブランド構築を戦略的に推進しています。ロシアでは、双日が出 資するスバル・モーター社を通じて、2000年からスバル車の販売を展開しており、2005年実績として約4300台のスバル車を販売し、2006年には 約5500台の販売を目標としています。富士重工業と双日は、スバル・ウクライナ社を通じたウクライナでの販売を機に、CIS地域でのさらなる拡販に注力 していきます。

このページの先頭へ