双日株式会社

閉じる

双日、日本政策投資銀行、クロックワークス、日本製アニメコンテンツの輸出促進を図るため「日本コンテンツ投資事業有限責任組合」を設立

日本製アニメコンテンツを世界市場へ

PDF版[158.3 KB]

2006年6月26日

双日株式会社、日本政策投資銀行(総裁:小村武、本店:東京都千代田区)、株式会社クロックワークス(代表者:酒匂暢彦、本社:東京都渋谷区恵比寿南)の3社は、日本製アニメコンテンツの輸出を促進するために日本コンテンツ投資事業有限責任組合を設立いたしました。

日本コンテンツ投資事業有限責任組合は、双日が64%、日本政策投資銀行が28%、クロックワークスが8%出資しており、出資総額は約 14億円になります。同組合は、海外のディストリビューターの日本製コンテンツ買い付けをビジネス面、金融面からサポートするための事業会社である株式会 社ARM(エーアールエム)を100%出資により設立いたします。ARMは、日本製アニメコンテンツの買い付けを行い、海外のディストリビューターにサブ ライセンスを実施いたします。さらに、海外向けの輸出促進の第一弾として、日本コンテンツ投資事業有限責任組合は、北米最大手のアニメディストリビュー ターであるエーディービジョン社(A.D.Vision inc./代表者:John Ledford、本社:テキサス州ヒューストン市)に出資を行うことにより、ARMの扱うコンテンツの北米展開を円滑に進めてまいります。

双日は、コンテンツビジネスとして取り扱い100作品、30カ国以上への輸出実績があり、今後も国際競争に耐えうる品質の作品を、世界 マーケットを視野に入れながら継続的に輸出していきます。また、双日は、携帯電話やインターネットなどのWNM(Wireless & New Media)分野に特化したコンテンツの国際版権獲得と版権配給にも注力しております。これまでに培ったコンテンツビジネスの知見の提供、作品の供給を ARMを通じて行い、エーディービジョン社との協業、資本参加を足がかりに世界市場におけるコンテンツビジネスの拡大を目指します。

日本政策投資銀行は、新産業創出・活性化の一環としてコンテンツ産業の支援につき積極的な支援を実施してまいりました。引き続き日本が高 い競争力を誇る映像分野における事業の支援およびファイナンススキームの構築などに注力し、コンテンツの海外展開や多面的利用の円滑化に繋がり、コンテン ツ利用拡大に向けた好循環を促進する取り組みに関与してまいります。

クロックワークスは、従前より得意とする海外からの買い付けおよび国内での展開のみならず、アジア、欧州で買い付けたコンテンツの北米市 場での展開を行ってまいります。これまでコンテンツの輸入中心であった事業内容が、ARMを通じて輸出を加えた双方向展開となることにより、今まで以上の コンテンツの買い付け、供給が期待できます。

060626_01.jpg

A.D.Vision社

本社 5750 Bintliff Drive, Suite 210, Houston, Texas 77036
設立 August 1992
売上高 約4300万ドル(2005年)
代表者 John Ledford

エーディービジョン社は、北米における日本アニメの販売シェア1位を誇っており、DVD販売の北米市場シェアは30%を超えています。 ホームビデオ(DVD)の販売やケーブルテレビへのコンテンツの配信、出版事業など幅広く手がけています。また、北米だけでなく欧州でも事業展開を行うな ど、著しく成長を続けているアニメーション業界においてコンテンツ供給の先駆者となっております。

以上

このページの先頭へ