双日株式会社

閉じる

双日、ベトナム国営テレビより放送設備を受注

日本企業初のベトナム向け受注、金額は最大規模

PDF版[307.4 KB]

2006年4月3日

双日株式会社は、ベトナム国営テレビがハノイ市に建設するテレビ放送センター向けの放送設備一式を受注いたしました。受注金額は、ベトナムでの放送設備案件では最大規模となる約39億円で、設備は2008年末に納入・据付け完了予定です。

ベトナム国営テレビは、放送時間の拡大と番組制作能力の向上を図るために、ハノイ市に新たなテレビ放送センターを建設いたします。テレビ 放送センターから配信される映像は、南北全長1700キロのベトナム国土全域をカバーし、若年層を中心とするベトナム国民8200万人を対象とします。ベ トナムは南北の経済・社会・文化的な差異や、近年まで国民の移動や諸外国の情報入手が制約されていたことなどを背景として、約90%という高い識字率を誇 る一方で、教育・知識水準の低下、市場経済に対応する人材不足などが懸念される状況にあります。社会の近代化、市場経済化を促進するためには、国民に対し 必要な情報を幅広くかつ効率的に伝達することが不可欠となっています。このような状況の中、テレビ放送センターが建設されることにより、ベトナム国営テレ ビは、教育・ニュース・ドラマなどのテレビ番組をより多く制作することが可能となり、また、従来に比べ格段に鮮明な映像で番組を配信することも可能となり ます。

双日が納入する放送設備が配置されるテレビ放送センターは、5階建て、延床面積32000平方メートル、5つのスタジオ、ニュースセン ター、編集・制作室、音響ルームなどを配する最新設備を導入したアジア最大規模の総合メディアセンターとなります。また、今回納入する放送設備・機器の大 半は、ソニーおよびNECの製品で構成され、日本の最新技術による撮影・編集のための機器がベトナム国営テレビ局に装備されることになります。

テレビ放送センター建設事業の資金として日本政府は、プロジェクト全体に対して円借款で合計200億円を供与しており、ベトナムのテレビ放送近代化に対し全面的な協力を行っております。

双日は、これまでにブラジル文部省、カンボジア国営放送局、フィリピン国営放送局へ放送設備・機器の納入を行った実績があります。今後も急速に経済成長するBRICsや東南アジアを中心に放送設備・機器の近代化プロジェクトに注力してまいります。

060403_02.jpg


ベトナム国営テレビ放送センター完成予想図

ベトナム国営テレビ(VTV、ハノイ市)

国内向けに3チャンネル「VTV1(総合ニュース)」、「VTV2(科学教育)」、「VTV3(スポーツ、ショー)」を毎日5時から24 時まで放映している。また、海外向けに「VTV4」を放映している。すべてカラー放送でニュース、音楽、ドラマ、海外映画・ドラマ、語学学習番組、子供向 け番組、海外アニメなどを流している。

このページの先頭へ