双日株式会社

閉じる

アプライド・コミュニケーションと双日、 中国語学習サービスを提供する「アメイジア」を設立

オンラインレッスンとスクールレッスンを組み合わせた企業向けのサービス開始

PDF版[34.1 KB]

2006年2月15日

企業向け英語・中国語研修の企画・運営を行う株式会社アプライド・コミュニケーション(本社:東京都千代田区、代表者:西田忠康)と双日株式会社 は、中国語の学習サービスを提供する、株式会社アメイジア(本社:東京都千代田区、代表者:安部一郎)を2005年12月に設立しました。双日が運営する インターネットを利用した中国語オンラインレッスン「Live China」(ライブチャイナ)に加えて、2月には、アプライド・コミュニケーションが、企業向けに教室型の中国語研修を提供する「TLI東京中国語セン ター」をアメイジアに譲渡しました。

アメイジアは、アプライド・コミュニケーションと双日が培ってきた中国語学習のノウハウを活かし、インターネットによるオンラインレッス ンと、スクールレッスンを組み合わせた、学習効率の高い総合的な中国語学習サービスの提供を開始します。アメイジアは、中国に進出する企業向けのサービス に力をいれることにより、初年度に3億円、3年目には12億円の売上を目指します。

「Live China」は、北京と日本を高速専用線で接続することにより、インターネットを通じて、自宅やオフィスにいる受講者が、中国にいる講師から、直接中国語 の個人指導を受けることができるサービスです。忙しい人や、近くに中国語の教室がない人でも、いつでも好きな時間や場所で受講することができ、言葉だけで なく生きた中国文化も学べるレッスンとして、2003年のサービス開始以来、延べ3000人が利用してきました。

「TLI東京中国語センター」は、世界的に中国語スクールを展開するTLI(中華語文研習所)との提携により、TLIのテキストや教授法 に基づいたスクールレッスンや、講師派遣レッスンを企業向けに提供してきました。1997年の設立以来、100社以上の中国進出企業に活用され、高い評価 を得てきました。また、TLIのネットワーク(北京(2校)、上海(3校)、天津、蘇州、広州、大連、台北(2校)、台中、高雄)を活かしたサービスも大 きな強みです。

近年の中国語学習ニーズは、中国ビジネスの拡大を目指す企業において特に顕著であり、研修目的や内容も、新入社員を対象にしたものから中 国への赴任者を対象にしたものまで多様化しています。オンラインレッスンとスクールレッスンを組み合わせたアメイジアの中国語学習サービスは、すでに双日 などの総合商社の内定者向け研修で活用されています。アメイジアでは、今後、企業向けサービスだけでなく、一般の学習者向けサービスも含めて、中国語学習 者の幅広いニーズに応えていきます。

060215.jpg

「Live China」のオンラインレッスン

株式会社アメイジア(Amasia Corporation)会社概要

本社 東京都千代田区麹町4-8-1
役員構成 代表取締役会長 西田 忠康
代表取締役社長 安部 一郎
取締役 何 景賢(TLIグループ代表)
取締役 石原 昇
取締役 内山 伸一
取締役 長谷川 智彦
設立 2005年12月22日
資本金 2億円
主要株主 株式会社アプライド・コミュニケーション(37%)、
双日株式会社(33%)、
他 (グローバルベンチャーキャピタル株式会社、株式会社ニッシン、
エヌ・ティ・ティ アイティ株式会社、
オリックス・キャピタル株式会社、TLI(中華語文研習所))

このページの先頭へ