双日株式会社

閉じる

社員参加型、国内次世代教育の取組み

当社グループでは、グループの一人ひとりが社会へのかかわりをより深めることを目的に、身近な社会貢献活動への参加を促進する取り組みを行っています。

主な活動実績

TABLE FOR TWO(TFT)プログラム参加

pic_index03_20191105
お弁当で“双日”の絵文字を描いて撮影

双日はヘルシーメニュー弁当を社員に提供することで「TABLE FOR TWO(二人の食卓)プログラム」に参加しています。

TFTとは開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組む、日本発の社会貢献活動です。特定非営利活動法人TABLE FOR TWO Internationalが運営しています。

対象となるお弁当を購入すると、1食につき20円が寄付され、開発途上国の子どもたちの学校給食1食分になる仕組みです。

pic_index03_20210120
フォトコンテスト受賞作品


pic_index02_20210125
風力発電所をおにぎりで表現


pic_index01_20210125
ミニストップベトナムにて撮影

これに加え、双日では会社も購入した社員と同額の寄付を行うため、社内で販売するヘルシーメニュー弁当1個につき学校給食2食分を贈ることができます。

2019年10月には、世界食料デーに合わせ、TFT対象商品となる「双日弁当」を社内のカフェに導入しました。第一弾は双日食料水産の鮭フレークを使用し、双日グループにて監修・開発したおにぎり弁当です。

写真1枚に付き100円が寄付されるプログラムである「おにぎりアクション」(TFT事務局主催)に参加し、社内撮影会を2回開催しました。参加者全員でお弁当を並べ双日の絵文字や双日のグループシンボルマーク「グローバルアローズ」を描き、また約100枚の写真をTFT事務局に提出しました。

また、2020年10月には、双日弁当第二弾の販売と「双日おにぎりフォトコンテスト」を開催しました。

本社において撮影会を開催し、双日弁当を並べて絵文字やマグロ、空港、風力発電所などを表現。藤本社長も撮影に協力しました。

双日はベトナムでおにぎりを製造販売しており、現地社員も撮影に協力し、また双日豪州会社パース店では、おにぎりを知らない現地スタッフ向けにおにぎり料理教室を開催するなど、各拠点からも写真が寄せられました。


<外部サイト>
アフリカの子どもたちに給食を TABLE FOR TWO 公式サイト
おにぎりアクション

 

東京本社周辺での清掃活動

pic_index05_20150828
社員による清掃の様子

地域社会貢献活動の一環として、ランチタイムに、東京本社の入居ビルおよび日比谷公園周辺でのごみ収集活動を行っています。

* 本活動は、飯野ビル入居の他企業と共同で開催しており、毎回約50名が参加しています

pic_index05_20191105
城南島海浜公園における海ごみ拾い


pic_index05_20191105_02
プラスチックに関係する部署を中心に有志で実施

2019年10月には、JEAN主催の「国際海岸クリーンアップ(International Coastal Cleanup : ICC)」に参加し、東京本社から比較的近い城南島海浜公園つばさ浜(東京都大田区)にて海ごみ清掃を実施し、収集したごみを分類し、計測・調査しました。

ブラインドサッカー協会への支援「古本パワープロジェクト」

pic_index04_20190828

双日は、2018年に日本ブラインドサッカー協会(JBFA)とスポンサー契約を締結し、オフィシャルパートナーシップとして協会の活動を支援しています。

社内では、2018年12月より「古本パワープロジェクト」を実施。不要となった本を日本ブラインドサッカー協会(JBFA)が提携するバリューブックスに寄贈することにより、買取金額相当が双日の協賛するJBFA主催の「スポ育事業」の活動やサッカーボールなどの備品購入資金としてJBFAへ寄付されるプロジェクトです。

2021年7月時点で、これまでに1,788冊の古本を寄贈し、今後も年2回のペースで実施していく予定です。

障がい者による活動の支援


東京本社での定期販売会の様子

地元地域の障がい者の自立と社会参加を支援するために、障がい者に就労の機会を提供するスワンカフェ&ベーカリーを2006年より支援しています。スワンカフェ&ベーカリー赤坂店による定期社内販売会(月1回程度)を開催しており、毎回ほぼ完売するなど、盛況を博しています。

職場における献血の実施

pic_index02_20150828

東京本社にて年2回、関西支社にて年1回、献血を実施。

企業訪問の受け入れ

pic_index10
福岡県立修猷館高等学校の皆さん

    
    

社会貢献活動の一環として、次世代の方に総合商社および、双日を知ってもらう機会として、高校生による企業訪問を受け入れていれております。

2019年8月には、福岡県立修猷館高等学校、富山県立富山中部高等学校の生徒さんらが来社され、商社体感ゲームを実施し、また当社社員との交流を深めました。

pic_index11
富山県立富山中部高等学校の皆さん

神戸大学にて寄付講座と双日奨学金の設置

pic_index09

当社は、2016年より創業の地としてゆかりの深い神戸大学において、「グローバル環境下における総合商社」と題して、寄付講座を実施しております。毎年秋頃に、約20~30名の学生を対象に当社役職員による全7回の講義を実施。総合商社の活動を通して世界を知ること、グローバルな環境下でのリーダーシップのあり方について考える事を主眼に、議論中心の講義を行っております。また、双日は2019年からは、各学部の優秀な学生を対象とした双日奨学金を設置しております。

筑波大学大学院にてキャリアマネジメントに関する講座に協力

pic_index16

双日は2011年度より毎年、筑波大学大学院生のキャリアマネジメントに関する講座に、当社役員を講師として派遣しています。

これは当社が会員となっている一般社団法人日本プロジェクト産業協議会(JAPIC)が、筑波大学との連携協力に基づき、大学院修了後の進路に関する考え方や基礎的能力を養うことを目的として開講されたものであり、次世代育成の観点から、当社も本プログラムに協力しています。

2020年度は、10月より3回に分けて実施され、第一回目では平井副社長が「世界経済の変化における日本の産業論と商社活動」と題して世界のメガトレンドについて講演し、2回目、3回目では3名の営業本部長が、それぞれのビジネスにおける課題などを紹介し、各回ともに活発な議論が行われました。

受講者からは、「世界を相手に働けるビジネスパーソンに成長したい」、「人やモノを輝かせたい」、「地域に寄り添った人づくり、街づくりに参画したい」など、本講義を契機に考えたそれぞれの「なりたい姿」が思い思いの言葉が寄せられました。

広島県立加計高等学校の探究学習にアドバイザーとして協力

pic_index09

6月4日、地元産品を活用した東南アジア向けのビジネスを研究する広島県立加計高等学校の生徒(高橋崇文さん・水谷優芽さん・佐々木雅人さん)に向けて、双日マシナリーと双日ヤンゴン支店の社員がオンラインでアドバイスを行いました。

生徒たちは、広島県の特産物である菊芋をパウダーにして東南アジアに輸出し、同地域の生活習慣病の予防と広島県の産業発展に寄与するビジネスモデルを発表。双日マシナリーと双日ヤンゴン支店の社員は第一線で働く商社パーソンとして意見を述べた他、駐在経験や苦労話、そして実際のビジネスの現場での体験談を披露しました。

政情不安となっているミャンマーから中継したこともあって、生徒たちにとっては海外をより身近に感じ、意欲を高める良い機会となりました。

このページの先頭へ