双日株式会社

閉じる

食料・アグリビジネス本部

食の「安心・安全」を提供する事業として、アグリビジネス事業、飼料事業、水産事業、食料事業(原料・食品)などを推進しています。

本部の強み

  • 東南アジアを中心に、肥料製造・飼料製造・港湾・製粉・製パンなどの幅広い事業を展開
  • 高度化成肥料の製造・販売ではタイ、フィリピン、ベトナムでトップクラスの市場シェアを確立
  • 国内での養殖事業や中国での加工卸事業をベースとしたマグロのバリューチェーンをグローバルに展開

 

外部環境

機会

  • アジア地域でのライフスタイルの多様化
  • 東南アジアの人口増加・経済発展に伴う食料需要の増大
  • 食の安心・安全や食資源保護に対する意識の高まり

リスク

  • 気候変動や政策変更に起因した需給バランス不均衡による価格変動
  • 食料・食品生産における環境への影響
  • 急激な為替変動による事業収益の圧迫

成長戦略


「安心・安全」な食の提供を通じて生活の質の向上に貢献するなど、サステナブルなビジネスモデルを実現する優良な事業資産を拡充していきます。

常務執行役員
食料・アグリビジネス本部長

泉谷 幸児

東南アジアでは、人口増加や経済発展に伴い、ライフスタイルの多様化と食料需要の増加が同時に進んでいます。当本部では、この急速な変化を成長につなげていくために、食料・農関連事業を通じて、収益力の強化・拡大を目指しています。

アグリビジネス事業では、タイ、フィリピン、ベトナムでトップクラスの市場シェアの肥料事業を運営しており、この強みを活かして、ミャンマーなどの周辺国での事業展開を進めています。また、農業に関連する事業にも挑戦していきます。

食料事業では、小麦等の原料供給と製品販売に加えて、アジアでの製粉、製パン、製菓事業等の展開に注力しています。例えば、フィリピンにおいては2017年に製粉会社、食料原料卸会社、製パン会社を設立しました。ベトナムでは2007年から製粉会社に参画しています。

水産事業では、養殖から加工・販売までのマグロのバリューチェーンを、国内外での加工卸事業の推進により強化していきます。また、飼料事業では、ベトナムで港湾事業への参画や飼料製造事業の運営などを行っており、これらを活用して今後の畜産需要の増加に対応していきます。

さらに、他本部で運営している惣菜、食品卸、コンビニなどベトナムを基盤とした事業との連携、及び現地有力パートナーとの協業を通じて、同国やASEAN地域を中心としたグローバルな展開を進めていきます。

主な取り組み

Atlas Fertilizer Corporation(フィリピン)

大連翔祥食品有限公司(中国)

■肥料事業の強化及び周辺展開

タイ、フィリピン、ベトナムで地域別・作物別に緻密なプロモーションを実行することに加えて、周辺地域への輸出拡大を行うことで、販売拡大を図ります。また、地域に根差した肥料事業の長年にわたる取り組みを活かし、農業に関連する事業にも挑戦していきます。

■水産加工卸の拡充

2018年12月に中国のマグロ加工卸会社の出資比率を引き上げました。双日ツナファーム鷹島での養殖マグロと併せて、日本・中国・欧米といった需要国における有力加工卸との関係強化も進めながら拡販を進めていきます。

■ベトナムでの戦略的取り組み

2018年9月、ベトナムの食料・アグリビジネス大手PAN社と戦略的業務提携を締結しました。PAN社の事業基盤と、双日がネットワークをもつ日系企業の技術、顧客基盤を掛け合わせることで、同国内及び海外での事業拡大を加速していきます。

組織図

トップへ戻る

このページの先頭へ