双日株式会社

閉じる

自動車本部

成長戦略

経済発展に伴う人とモノの移動はアジア、南米などの新興国を中心にますます旺盛となり、これら地域の自動車需要は引き続き拡大することが見込まれます。一方、欧米を中心とした先進国では、電動化、自動化という技術革新とともにシェアリングサービスの登場など大きな変化の波が押し寄せてきています。

こうした中、当本部は中期経営計画2020(以下、中計2020)の期間中に300億円の投資を想定。中期経営計画2017(以下、中計2017)で拡大し知見を有するディーラー事業を安定収益基盤と位置づけ、既に実績のある米国やブラジルなど有望市場で優良案件の新たなM&Aを仕掛けるとともに、新車販売に加えて、メンテナンスサービス、部品、中古車販売の拡大を通じてさらなるバリューアップを図ります。

さらに、新興国での購買促進に向けたオートローン事業にも注力するほか、国境を越えますます多様化するサプライチェーンの中で高まる部品品質への要求に応えるべく、自動車部品検査事業を拡大していきます。これらの機能強化と事業ノウハウの蓄積を進める一方、既存事業においても市場環境の変化を見据えた資産入替え・強化を進めることで安定的な成長を目指していきます。

当本部は、世界各地で35社、約4,900名規模の従業員を有し、着実な成長を目指して事業会社を経営する中、地域に貢献しながら現場経験を蓄積した次代の経営人材の育成に常に取り組んでいます。さらに、中計2020では経営人材に加えて、自動車産業の変化に対応した新たな機能や事業を創出する開発人材を育成していくことを目指しています。

価値創造を支えるビジネスモデル

持続可能な成長への取り組み事例

ディーラー事業

地域に根差したサービスで、付加価値の高いディーラー事業を展開

Topcar Veiculous S.A(. ブラジル)



自動車の精密化・機能の高度化が進む中、ディーラーにはユーザーのニーズにこれまで以上にきめ細かく対応した高度な知見とサービスレベルの向上が求められています。当社は、高度なアフターサービスや中古車販売など培ってきた収益性の高いビジネスモデルを基軸に、世界のさまざまな地域でディーラー事業を展開しています。

個人事業主の多いディーラー業界において、事業承継の受け皿となり、企業のマネジメントに豊富な経験を蓄積した経営人材を配置し、また企業の文化を尊重した経営方針を採用、地域に根差した付加価値の高い事業運営を推進していきます。さらには、当社の経営ノウハウとのシナジーでより一層のバリューアップを図ります。

自動車部品品質検査事業

世界に拡がるサプライチェーンを支える品質検査事業

ストラスフィア・クオリティ社


コストと品質の最適化を目指し、国境を超えたサプライ・チェーンの拡大と部品のモジュール化が進む中、品質検査に対する重要性が高まっています。その様な環境の中で、当社は自動車部品品質検査会社として国内最大手の株式会社グリーンテックと共同で、米国最大手の品質検査会社ストラトスフィア・クオリティ社(インディアナ州)の全経営権を取得。同社が有する北米約3,000社の顧客基盤を活かし安定した収益構造を維持する一方、米州での事業拡大に加え、欧州やアジアでの事業展開を目指します。

人材育成

自動車本部では、世界各地で35社、現地雇用の人材を含めて約4,900名が従事しています。地域の発展・雇用拡大・人材育成に貢献しながら現場経験を蓄積した次代の経営人材を輩出していくことがますます重要となっており、当本部では全ての世代を対象とした独自の人材育成プログラムを導入し、事業や国境を超えた積極的な登用・配置を通じ育成の加速を図っています。さらに中計2020では経営人材に加えて「開発人材の育成」というテーマを掲げ、電動化・自動化など自動車業界の変化に対応した新たな機能や事業を創出し、社会へ貢献できる人材を育成していくことを目指しています。

自動車世界会議参加メンバー

組織図

トップへ戻る

このページの先頭へ