双日株式会社

閉じる

リテール・コンシューマーサービス本部

食品流通事業、商業施設運営事業、ブランド事業、消費財流通事業、繊維事業、不動産事業など、消費者のニーズに応える多種多様な事業に国内外で取り組んでいます。

本部の強み

  • 長年の歴史で確立したアジア各国のネットワーク顧客基盤
  • ASEAN各国の発展段階に応じた食品・リテール事業の展開
  • 商業施設のバリューアップ投資事業実績とマネジメント力
  • ライフスタイルの多様化に対応した食品・消費財の供給基盤
  • 生体牛・生体馬・北米産冷凍牛肉の輸入国内トップシェア

 

外部環境

機会

  • 中国、ASEAN域内の経済成長を背景とした中間所得者層増加による内需拡大
  • 労働力不足による人件費増加への対応や生産性向上に寄与する日本の技術への需要拡大
  • 和食をはじめとした日本の食文化への関心の高まり、及び食の西洋化
  • 日本社会での女性活躍推進や待機児童問題の解消需要及びアジア各国の雇用や産業の創出、人材育成等の需要

リスク

  • アジア各国の法律・制度変更
  • アジアでの食に関する品質管理の厳格化によるコスト増加
  • 急激な為替変動による事業・トレード収益の圧迫
  • 生産事業の拡大による人権・環境リスクの増大
  • 日本における人口減少に伴うマーケットの縮小
  • 今後の勤務・生活習慣の変化に伴う不動産業への影響

成長戦略


グローバルな視点から、人々に「生活の豊かさ」と「利便性」をもたらす多様なビジネスを展開していきます。

執行役員
リテール・コンシューマーサービス本部長

村井 宏人

新型コロナウイルス感染症の拡大により、世界的にロックダウンや緊急事態宣言等が発令され、消費が大きく低迷しました。一方で、ライフスタイルおよび消費トレンドに大きな変化がもたらされており、これまで以上に消費者の嗜好・ニーズが多様化していく重要な転換点として捉えることもできます。

当本部は、消費市場の“お客様起点のビジネス”にこだわり、「生活の豊かさ」と「利便性」を高める多様な事業を展開し続けていきます。なかでも、経済成長が続くASEAN地域での事業拡大および機能の強化は今後の成長戦略の柱となるものです。ベトナムでは、食品卸事業に参入後、四温度帯倉庫事業、コンビニエンス事業、総菜事業を含む食品流通プラットフォームを構築するとともに、タイ、ミャンマーでも、食品卸事業を展開しています。

商業施設事業では「モノ(物販)からコト(体験型)」という消費トレンドを踏まえ、施設の運営力を活かして自社及び他店のバリューアップを図る事業モデルを確立。国内で培ったノウハウを活かして、海外でも展開してまいります。

不動産事業では、J-REIT運用事業や収益不動産の開発/保有により、アセットマネジメント、ウェアハウジング・ブリッジファンド、プロパティマネジメント等のバリューチェーンを意識した各事業の拡大を図ります。また、働き方改革やSDGsなど、時代の変化を意識した新規アセットの開拓やライフソリューション関連事業への取り組みの強化を図っていきます。

主な取り組み

ミニストップベトナム店舗外観

ミートワンプロジェクト    

■ASEANリテール事業

ASEAN各国の発展段階に応じた食品リテール事業を展開しています。特にベトナムでは「惣菜・畜肉加工品製造」「四温度帯(常温、定温、冷蔵、冷凍)物流」「食品・消費財卸売」「小売(コンビニエンスストア)」の4事業を展開。現地社会の期待や関心に応え、暮らしの質向上に貢献しています。

■商業施設バリューアップ事業

事業の中核を担う双日商業開発株式会社は、2001年の設立以来、豊富な商業施設の運用実績を持ち、バリューアップノウハウを培ってきました。2018年11月にはピエリ守山の信託受益権100%を、2019年5月には那須ガーデンアウトレットの信託受益権20%を取得しました。携わっている全ての商業施設において、施設運営を通して地域社会の活性化に貢献していきます。

■ミートワンプロジェクト

2018年2月、畜肉の原材料調達及び販売、畜肉加工、物流に関わる複数企業とマーケティング会社のミートワンを設立しました。参画企業のノウハウ・機能を融合し、仕入れ・製造・販売ネットワークを相互活用することで、安全・安心でおいしい畜肉加工品を、国内外の消費者に競争力のある価格で提供していきます。

■国内不動産事業

「アセットの開発/保有~販売~アセットマネジメント~運営~関連サービス事業」というバリューチェーンを強化し、機能を最大限発揮することにより、各事業の成長拡大を図ります。

■J-REIT運用事業

総合型上場リートである日本リート投資法人(NRT)の運用資産残高拡大とポートフォリオの質の向上を図り、安定収益基盤の拡大を目指します。資産運用を担う双日リートアドバイザーズ株式会社により、物件を見極め独自のエンジニアリング技術でバリューアップを実施し、法人上場から6年が経った2020年3月末には受託資産は約2,500億円となりました。規律ある投資行動を堅持しつつ、中期的には3,000億円の達成を目指します。

組織図

トップへ戻る

このページの先頭へ