双日株式会社

閉じる

双日、デリー~ムンバイ間貨物専用鉄道の軌道・電化・信号・通信工事を受注

~累計3,500億円超、円借款案件として過去最大規模~

PDF版[244.5 KB]

2016年10月17日
双日株式会社

双日株式会社(以下、双日)はインドのラーセン・アンド・トゥーブロ社(Larsen & Toubro Ltd.、以下、L&T社)と共同で、インド政府傘下のインド貨物専用鉄道公社から、デリー~ムンバイ間貨物専用鉄道(Western Dedicated Freight Corridor、以下、DFC西線)における軌道・電化・信号・通信工事(約640億円)を新たに受注しました。本邦技術活用条件(STEP: Special Terms for Economic Partnership)(※)付きの円借款によって整備が進められているDFC西線の工事に関する一連の入札はこれをもって完了し、双日の受注額は、既に受注済みの工事と併せて円借款案件として過去最大規模の3,500億円超となります。また、今回の受注により民間企業が手掛ける鉄道インフラ案件として世界最長の約1,500kmにわたる工事に従事することとなります。

インド政府は、国家開発の第12次5ヵ年計画(2012年4月~2017年3月)において、特に経済成長に必要不可欠な公共インフラ整備促進を重点政策として掲げています。日印が共同で推進する総合産業インフラ開発プロジェクト「デリー・ムンバイ産業大動脈構想(DMIC: Delhi-Mumbai Industrial Corridor Project)」はその根幹となるもので、首都デリーと商業都市ムンバイとを結ぶ総延長約1,500kmのDFC西線プロジェクトはDMICの中核を担います。

今回受注した内容は、インド北部ウッタル・プラデッシュ州ダドリ~ハリアナ州レワリ間125kmにおける軌道・電化・信号・通信工事の全てを手掛けるもので、2016年度中に着工する予定です。既に受注・着工済みの別区間の工事で蓄積した知見とノウハウを最大限活用しながら、プロジェクトの全体設計・施工・管理を行うL&T社とともに、主契約者として工事の取り纏めを行うと同時に、関連会社の株式会社メタルワンを通じた日本製レールの調達や、変電設備、架線等のケーブル類、信号設備等の調達に関与します。

双日は、日本政府が進める「質の高いインフラ輸出」戦略に基づく鉄道インフラ案件としてのDFC西線の完工に向けて、関係者と一致協力して取り組んでいきます。 今後は貨物鉄道分野のみならず旅客鉄道分野においても、日印両政府が建設を計画している高速鉄道等も視野に入れ、インドの鉄道インフラ整備にまい進してまいります。

以上



161017_01.jpg


(ご参考)

ラーセン・アンド・トゥーブロ社の概要

会社名 Larson & Toubro Ltd.
(ムンバイ証券取引所、ナショナル証券取引所に上場)
本社 インド・ムンバイ
概要 1938年創業のインド最大のゼネコン兼総合エンジニアリング会社。
主軸である建設業、電子工学、エンジニアリングをはじめ、多岐にわたるビジネスを世界規模で展開している。道路、鉄道、橋梁、港湾、空港、水処理、ビル・工場建設などに豊富な実績あり。売上高約1.6兆円。

 

インド貨物専用鉄道公社の概要

会社名 Dedicated Freight Corridor Corporation of India Ltd.
本社 インド・デリー
概要 インド鉄道省が、インド国内に貨物専用鉄道を建設し、維持・運営するために
2006年に設立した公社。

(※)本邦技術活用条件(STEP: Special Terms for Economic Partnership)とは、日本の優れた技術やノウハウを活用し、途上国への技術移転を通じて日本の「顔の見える援助」を促進するため、日本を原産とする資機材の一定比率以上の調達を条件とした、円借款制度。

DFC西線事業における双日の受注案件の概要

案件名称

受注時期

受注内容

区間

パートナー

受注額

軌道工事
パッケージ1&2

2013年
6月

軌道敷設工事、付帯する土木工事、貨物駅や橋梁建設など

インド北部ハリアナ州
レワリ ~
西部グジャラート州
イクバルガー
626km

L&T

1,117億円

電化工事パッケージ4

2014年
11月

変電所(16カ所)の建設、架線の敷設など

インド北部ハリアナ州
レワリ ~
西部グジャラート州
ヴァドーダラー
915km

L&T

514億円

電化工事
パッケージ16

2016年
1月

変電所(7カ所)の建設、架線の敷設など

インド西部グジャラート州
ヴァドーダラー ~
マハラシュトラ州
ジャワハルラール・ネルー港(JNPT)
422km

L&T

221億円

軌道工事パッケージ3R

2016年
2月

軌道敷設工事、
付帯する土木工事、
貨物駅や橋梁建設など

インド西部グジャラート州
イクバルガー ~
同州ヴァドーダラー
289km

L&T
GP(※)

906億円

信号・通信工事パッケージ17


2016年
5月

信号機器、信号システム、列車運行システムなど

インド西部グジャラート州
ヴァドーダラー ~
マハラシュトラ州
ジャワハルラール・ネルー港(JNPT)
422km

L&T

117億円

軌道・電化
信号・通信
工事パッケージ14

2016年
10月

軌道敷設、付帯する土木工事、貨物駅や橋梁建設、変電所(2カ所)の建設、架線の敷設、信号機器、信号システム、列車運行システムなど

インド北部ウッタル・プラデッシュ州ダドリ  ~
ハリアナ州レワリ間
125km

L&T

約640億円

約3,515億円

(※)ガヤトリ・プロジェクト社(Gayatri Projects Ltd.)

このページの先頭へ