双日、スリランカにて複合火力発電事業を買収

~同国における日本企業として唯一のIPP事業を拡大~

PDF版[276.9 KB]

2016年2月2日
双日株式会社

双日株式会社は、米国の大手電力事業会社エーイーエス社(AES Corporation)から、スリランカの都市コロンボ近郊で163メガワットの複合火力発電事業を保有、運営するエーイーエス・ケラニティッサ社(AES Kelanitissa Private Limited)の株式90%を取得しました。

双日は、スリランカにて50メガワットの火力発電事業を運営するアジアパワー社(Asia Power Private Limited)に1998年の操業開始時から主要株主として事業参画しています。今回はこれに続く同国での2件目のIPP事業として、運営面にも本格的に関与し、発電プラントの運転管理・保守点検などの経営ノウハウの吸収、蓄積を図り、双日グループとしての機能を従来以上に強化、拡大します。また、アジアパワー社と同様に独立行政法人日本貿易保険(NEXI)の支援を得て海外投資保険を付保することでリスク軽減を図ります。

スリランカでは安定的な経済成長を背景に、今後、年率約6%の電力需要の増加が見込まれていますが、同国全体の発電設備容量3,932メガワットの約35%は水力発電によるもので、乾季の電力不足が慢性的な問題となっています。これに対し、火力発電は電力の供給安定性と供給量変動に対する機動的な補完性を兼ね備えており、同国での更なる普及が必要とされています。今回の買収案件は、人口約2,100万人の同国のピーク電力需要(約2,000メガワット)の約7%を担う火力発電として、同国の電力安定供給に寄与しています。

双日は長期安定的な収益基盤の一つとして、持続的成長が見込まれる地域での発電事業ならびにインフラ事業の強化を目指しています。今後、成長ポテンシャルの高いアジア、中東、アフリカ、さらには米州での事業機会を積極的に取り込み、これらの地域の発展に貢献していきます。

160202.jpg

             【エーイーエス・ケラニティッサ複合火力発電所】

(ご参考)

エーイーエス・ケラニティッサの概要

正式名称 AES Kelanitissa Private Limited
サイト スリランカ民主社会主義共和国コロンボ県ウェランピティヤ地区
発電設備容量 163メガワット
商業運転開始 2003年
主な事業内容 複合火力発電、売電事業
出資比率 双日90%
ヘイレーズ社(Hayleys Plc) 10%(スリランカ大手財閥)
売電先 スリランカ電力庁(Ceylon Electricity Board)


以上

サイト内検索