双日株式会社

閉じる

双日プラネット、中国大手の太陽光モジュールメーカー2社と戦略的提携を締結

~日本市場向けに開発した太陽光パッケージ保険と共に販売拡大~

PDF版[253.3 KB]

2014年2月27日
双日プラネット株式会社
双日インシュアランス株式会社

双日プラネット株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:泉谷 幸児)は、中国の大手太陽光モジュールメーカーであるジンコソーラー社(本社:上海市、中国名:晶科能源控股有限公司/ジンコ社)および中国大手太陽光モ ジュールメーカーの2社と太陽光モジュール(太陽光発電用パネル)の日本国内での販売と、2社へのモジュール用資材の供給について戦略的提携をそれぞれ締 結しました。

太陽光モジュールの各メーカーは長期間の製品保証・出力保証を提供しておりますが、海外大手モジュールメーカーの経営破たんの影響もあり、特に大型太陽光発電プロジェクトにおいて、モジュールメーカーの倒産リスクに対する対応が投資家、需要家にとり重要となっております。双日プラネットでは双日インシュアランス株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:川﨑 一彦)に働きかけ、太陽光事業におけるパッケージ保険を開発致しました。本保険は太陽光発電所における建設段階および操業中の自然災害などの事故に対する 補償や売電補償に加えて、従来の補償内容を拡大することでメーカー保証に近い内容となっております。

双日プラネットは、これまでも中国製太 陽光モジュールおよび日本製パワーコンディショナー(変圧機)の販売を行ってまいりました。2社との戦略提携と太陽光設備が包括的にカバーされるパッケージ保険により2014 年度においては当事業全体にて60 億円の売り上げを目標としております。また、今回の戦略提携により、国内販売に加えて、2社に対し、日本製の太陽光モジュール資材(ポリシリコン、電極用 導電材、バックシート等)の供給や、物流業務の効率化を提案してまいります。

140227_02.jpg

                 【事業概要図】

再生可能エネルギーの分野において、太陽光発電事業は日本国内においてFIT(全量買い取り式の固定価格買取制度)の導入もあり、市場規模が1兆円を超え急成長しました。このような時代の流れの中で、双日プラネットでは太陽光ビジネスをこれまでの「量の販売」から「質の販売」と捉え、物流から金融、保険といった数々の豊富なメニューを準備し、日本の需要家様の発展に寄与してまいります。

以 上

【ジンコソーラー社概要】

本社所在地 16F, Building No.2, No.428 South Yanggao Road, Shanghai, China
設立 2006年
売上高 758,000,000 米ドル(2012年)
事業内容 高品質インゴット、ウェーハ、セル、及び太陽光モジュールの生産・販売
従業員数 10,000 名(2014年1月末)
URL http://www.jinkosolar.com/index.html?lan=jp

このページの先頭へ