双日、パプアニューギニアでガス化学事業の調査を実施

~ パプアニューギニア政府と覚書に調印 ~

PDF版[245.6 KB]

2013年6月12日
双日株式会社

双日株式会社は、パプアニューギニア政府と、同国において産出されるガスを利用したガス化学事業の検討をするための覚書に調印しました。

パプアニューギニアは、南太平洋にあるニューギニア島の東半分及び周辺の島々からなり、天然資源に恵まれております。また、地理的にもアジア諸国へのアクセスに恵まれております。同国政府は、この豊富な資源を活用し、国内産業の発展、雇用機会の創出を図るべく、ガス化学事業の開発を希望しております。ガス化学事業は、同国にて採掘される年間660万トンの天然ガスの一部が使用の対象となる予定です。

130612_03.jpg

双日は、ガス化学事業に関してさまざまな事業を手掛けており、天然ガスを原料とするメタノールについては、トレーディング・マーケティングのみならず、インドネシアのKMI社(PT. Kaltim Methanol Industri)に85%を出資し、自らメタノールの製造オペレーションを15年以上行ってきた実績があります。

双日は、本プロジェクトの調査を開始すると共に、同国の化学産業の発展に寄与できると期待しております。本合意覚書に基づき、協業の可能性を検討して参ります。

以上

サイト内検索