双日株式会社

閉じる

双日、ブラジル最大規模のバイオエタノール・砂糖製造事業に参入

農園経営から製造・販売までの大型一貫プロジェクト

PDF版[109.6 KB]

2007年10月31日

双日株式会社は、ブラジルを代表する大手コングロマリットのオーデブレヒト社(本社:ブラジル/バイア州、Odebrecht S.A.)と共同でバイオエタノール・砂糖製造事業に参入します。オーデブレヒト社が2007年7月に設立したエー・テー・アガー・ビオエネルジア社(本 社:ブラジル/サンパウロ州、ETH Bioenergia S.A.)の発行済み株式33.33%を双日が約92億円で取得し、農園のサトウキビ栽培からバイオエタノール・砂糖生産までの一貫事業を手がけます。

双日は、エー・テー・アガー・ビオエネルジア社を通じてバイオエタノール・砂糖製造を行う事業会社のM&Aを実行しながら事業を 拡大します。現在、既に生産が行われている事業会社1社を買収していますが、新たに3社を買収して設備を増強、順次生産を始めることによって2016年に サトウキビの年間圧搾量約1600万トン(エタノール生産量年間98万キロリットル+粗糖生産量年間79万トン)を誇る事業にします。この4社に加え、そ の先さらに事業会社6社の買収を計画しています。6社での設備を増強することによって生産規模を一層拡大し、2021年にはサトウキビの年間圧搾量を約 4400万トン(エタノール生産量年間260万キロリットル+粗糖生産量年間240万トン)に増大し、エタノール・砂糖の生産においてブラジルトップクラ スとなることを目指します。事業拡大に伴う2021年までの総事業費は約4200億円で、ブラジルにおけるサトウキビ圧搾量5~10%のトップシェアを確 保します。ブラジルでは、環境負荷を高めずに耕作面積を拡大する余地が多く、本件においても放牧地からの転作や遊休地の利用により、環境に最大限配慮した 形で事業を進めて参ります。

ブラジルのサトウキビは生産性が高く生産量も世界一です。また、ブラジルはバイオエタノールの世界第2位の生産国であると同時に主要消費 国でもあります。バイオ燃料市場が世界的に急成長する中でのブラジルの事業参画は、世界で最も高い競争力を有するバイオエタノールの供給源を安定的に確保 することを意味します。双日は、ブラジル国内市場での販売を伸長させる一方、オーデブレヒト社と協調してブラジル国外へバイオエタノールを輸出することも 視野に入れています。

双日は、エネルギー分野以外でも事業の拡大を図ります。化学品分野ではオーデブレヒト社の子会社で南米最大の石油化学会社であるブラスケ ン社(本社:ブラジル/バイア州、Braskem S.A.)のエタノールを原料とするグリーンプラスチック製造技術を活用したグリーンプラスチック事業への進出を視野に入れています。環境分野では排出権 つきの電力販売やバイオマス燃料を使った発電などへの事業進出を、また、食料分野では粗糖のブラジル国外への輸出を検討します。

双日は、ブラジル以外にマレーシアなどでも二酸化炭素の排出と吸収がプラスマイナスゼロであるカーボンニュートラルなバイオ燃料事業を進 めています。また、欧米やアジアなどで貯蔵タンクを建設し、世界規模でバイオ燃料の製造・販売網を築きます。双日は、CO2排出量削減のため世界的に需要 が高まるカーボンニュートラルなバイオ燃料で生産から販売までの一貫体制を整備し、資源・エネルギー事業の積極的な展開で新たな収益源を築いて参ります。

img071031.jpg

赤色の地域でサトウキビ栽培を行う

ブラジル 南部マットグロッソ州、ゴイアス州、サンパウロ州

ご参考

サトウキビを原料とするブラジル産のエタノール・砂糖は世界で最も生産性が高く、ブラジル国内の ガソリン生産コストよりも低い状況にあります。原油価格 が今後も現況で推移すると見込まれる状況下、2003年にブラジル国内で販売が開始されたフレックス車(エタノール100%でもガソリンでも走行可能)の 販売は好調で、2007年は新車販売台数のうち8割を超える見込みです。今後も販売台数をますます伸ばし、これに伴ってエタノールのブラジル国内需要が増 加することが見込ます。
2005年9月には農産物の再生可能エネルギー利用促進のための「国家アグリエネルギー計画」が発表され、エタノールの輸出拡大策が明確に打ち出されまし た。世界第1位の輸出量とアメリカに続く世界第2位の生産量を有し、エタノール産業が「アグリビジネス」の一大産業に成長したブラジルは「フレックス車」 の増加による国内エタノール需要のさらなる増加を満たす生産供給を基軸としつつ、中長期的には輸出拡大により世界エタノール市場への影響力をますます強め るものといえます。ブラジルの粗糖は生産、輸出ともに世界1位。

以上

このページの先頭へ