双日株式会社

閉じる

双日、ベトナム化学公団と戦略的パートナーシップに関する覚書を締結

PDF版[19.7 KB]

2007年10月18日

双日株式会社は、ベトナムの国営企業で同国の化学産業の中心を担っているベトナム化学公団(本社:ハノイ市、Vietnam National Chemical Corporation/VINACHEM)と、本日、戦略的パートナーシップに関する覚書に調印致しました。

双日とベトナム化学公団は定期的に協議会を開催し、ベトナム化学産業の市場や経済・投資環境、各種法税制などの情報を共有します。ベトナ ムでは、軽・重工業の急速な発展や、ハイテク・IT産業の進出に伴って、化学素材や化成品の需要が増大しています。また、既存の化学メーカーにおける技術 革新や製造規模の拡大など、化学産業のさらなる成長が期待できます。

双日は、ベトナム化学公団との提携により、ベトナムにおける開発や投資などの新規プロジェクトを協力して推進していきます。双日は、ベト ナムを海外戦略の重点国として位置付けており、長年にわたるベトナムでの豊富な実績や経験、ネットワークをベースに、新規案件の開拓を目指します。ベトナ ム化学公団は、ベトナム政府の方針により、2010年に民営化することを計画しており、双日との協力関係により、グループ体制を強化し、企業価値向上を 図っていきます。

双日とベトナム化学公団は、1995年に高度化成肥料の製造・販売を行うジャパン・ベトナム・ファーティーライザー社(本社:ホーチミン 市、Japan Vietnam Fertilizer Company)を設立しています。また、2006年には、ベトナムで水酸化アルミニウムを製造するプロジェクトを共同で推進するという基本合意契約を締 結するなど、良好な信頼関係を構築しています。

以上

このページの先頭へ