双日株式会社

閉じる

ボンバルディア社製リージョナルジェット機 「CRJ900 NextGen」

PDF版[24.0 KB]

2007年8月30日

双日株式会社は、1978年からカナダのボンバルディア社製のリージョナル航空機、2004年からビジネス航空機の日本における総販売代理店をつと めています。リージョナル航空機の販売では、現在までにプロペラ機のQシリーズと、ジェット機のCRJシリーズを合わせて55機販売しています。

「CRJ900 NextGen」は、ボンバルディア社がリージョナルジェット機としてトップシェアを誇っているCRJシリーズの中でも大型の機体である「CRJ900」 を改良したもので、大きな窓・広い荷物入れ・LED照明など、機内でより快適に過ごせるように工夫がされています。

日本では、50席クラスの「CRJ100」、「CRJ200」がすでに就航していますが、「CRJ900 NextGen」は、最大で90席クラスと大型の機体になります。「CRJ900 NextGen」は、ゼネラル・エレクトリック社製のCF34-8C5エンジンを2基装備しており、燃費が良く航続性能が高いことが特長です。ボンバル ディア社のCRJシリーズは、全世界で約1500機の販売実績がありますが、「CRJ900」および「CRJ900 NextGen」もすでに200機以上の注文を集めています。

CRJ900 NextGen

全幅 24.85m
全長 36.40m
全高 7.51m
最大巡航速度 881km/h
最大航続距離 3660km
エンジン CF34-8C5(GE社製)

リージョナル航空機は、欧米で地方都市を結ぶ国内便、近距離を飛ぶ国際便に広く使用されています。今後、日本でも経済性が高く、輸送の高速化を実現するリージョナル航空機の需要が拡大していくと期待されます。

このような動きに対応し、ボンバルディア社は、日本およびアジアでのカスタマーサポートを強化するために、2007年9月に羽田空港に、 リージョナルサポートオフィスをオープンし、ボンバルディア社製の機体に関する専門知識や機体運航・操作情報など全般的なカスタマーサービスを提供してい きます。また、成田空港にスペア・パーツセンターを開設することも計画しています。

双日は、航空会社のニーズや乗客の利便性向上に対応するものとして、ボンバルディア社のQシリーズ、CRJシリーズのリージョナル航空機販売に注力していきます。

ボンバルディア社製リージョナル航空機の販売実績

航空会社 機数
(株)エアーニッポンネットワーク Dash8-Q300
Dash8-Q400
5機
14機
天草エアライン(株) Dash8-Q100 1機
オリエンタルエアブリッジ(株) Dash8-Q200 2機
日本エアコミューター(株) Dash8-Q400 11機
琉球エアーコミューター(株) Dash8-Q100
Dash8-Q300
4機
1機
国土交通省航空局 Dash8-Q300 1機
国土交通省海上保安庁 Dash8-Q300 3機
アイベックスエアラインズ(株) CRJ100
CRJ200
2機
2機
(株)ジェイエア CRJ200 9機
合計 55機

以上

このページの先頭へ