双日株式会社

閉じる

双日、大阪ガスと共同運営する葉山風力発電所より 四国電力へ送電を開始

中国・四国地方最大級の風力発電の操業がスタート

PDF版[94.8 KB]

2006年3月22日

双日株式会社と大阪ガス株式会社の子会社である株式会社ガスアンドパワーインベストメント(本社:大阪市中央区淡路町、代表者:三田 進)が共同出資する株式会社葉山風力発電所(本社:高知県高岡郡津野町、代表者:兼子 敏明)は、3月22日より操業を開始し、四国電力株式会社へ電力の供給を行います。

葉山風力発電所は、2003年12月に高知県高岡郡津野町において発電容量2万キロワット(1000キロワット×20基)の風力発電を行 うことを目的に設立されました。標高約1000mの山の尾根約4.5kmに渡り、高さ98.7mの風車20基を配した発電所の建設は2005年1月より開 始され、2006年3月より操業を開始するに至りました。一枚あたりの長さが29.5m、重量が4.5トンの翼3枚から成る20基の風車より、年間約 4800万キロワット時の電力を供給して参ります。4800万キロワット時は、一般家庭の消費電力に換算しますと約1万3000世帯分、火力発電所の石油 量に換算しますとドラム缶約6万本に相当します。また、二酸化炭素削減量に換算しますと約3万3000トン、その削減量を吸収するための杉の木の本数に換 算しますと約240万本にもなります。葉山風力発電所の事業は自然にやさしいクリーンエネルギーで環境に貢献するとともに、地域の発展にも寄与する設備と して今後も安定的な展開をして参ります。

株式会社葉山風力発電所

設立 2003年12月26日
資本金 4億9000万円
株主 双日株式会社 51%
株式会社ガスアンドパワーインベストメント 49%
発電容量 2万キロワット(1000キロワット×20基)
風車仕様
メーカー 三菱重工業株式会社
型式 MWT-1000A
定格出力 1000キロワット
ローター直径 61.4m
定格回転数 19.8rpm
定格風速 12.5m/秒
カットイン風速 3.0m/秒
カットアウト風速 25.0m/秒(10分平均風速)
耐風速 60m/秒
発電機形式 誘導発電機
電圧 600V
相数 3相
周波数 60Hz
060322_01.jpg

年平均で7m/秒の風が見込まれる

060322_02.jpg

冬場の北風を受けて回る葉山風力

060322_03.gif

葉山風力発電所の所在地 

このページの先頭へ