双日株式会社

閉じる

日商岩井、中国向け車輛主要設備を受注

2003年2月4日

日商岩井株式会社は、中国の武漢市軌道交通有限公司(武漢交通)が建設中の都市近郊線(武漢1号線)で走行する都市鉄道車輛48輛に搭載される、東芝製車輛電気設備やナブコ製ブレーキ設備等の車輛主要設備一式を受注し、今年6月より中国の最大手車輛メーカーに納入を開始します。 

日商岩井は中国では2001年に北京地下鉄郊外線(13号線)向けに224車輛の空調設備を、更に昨年5月には天津浜海線向け116車輛の電気設備を受注した実績があり、今回の大型車輛設備商談では東芝と共同での連続受注となります。

経済成長の著しい北京や上海をはじめとする中国都市部では、自動車やオートバイが急増しており、現在、排気ガスや騒音といった環境への被害が大きな問題となっています。そのような状況下、排気ガスや騒音を低減する都市型鉄道の建設が、わが国の環境円借款を利用して活発化していますが、今回もその一環として2002年9月に入札が行われました。

今回、日商岩井が受注した48車輛の都市鉄道車輌は、武漢交通が2004年10月に開業予定している宗関から黄浦路までの1号線1期工事(約10キロメートル)で利用され、2003年中には約100車輛にもおよぶ第2期工事用車輛主要設備の入札が予定されており、日商岩井は今回の受注を足がかりに武漢第二期案件のみならず中国主要都市で今後計画されている都市鉄道の車両主要設備の受注拡大を狙います。


以 上

このページの先頭へ