双日株式会社

閉じる

双日、豪州において日本企業が手がける中で最大規模となる太陽光発電所の建設を開始

~再生可能エネルギーの安定供給を通して脱炭素社会の実現に貢献~

PDF版[377.4 KB]

2021年6月10日
双日株式会社

双日株式会社(以下「双日」)は、このたび、ENEOS株式会社(以下「ENEOS」)とともに、豪州において日本企業が手がける中で最大規模である204MW(メガワット)の太陽光発電所の建設を開始しました。(以下「本事業」)

太陽光発電所完成予想図
【太陽光発電所完成予想図】
建設予定地
【建設予定地】

本事業は、双日とENEOSにとって初の豪州における太陽光発電所案件です。両社が50%ずつ出資した合弁持株会社であるSapphire Energy Pty Ltd社(在:豪州)を通じて、再生可能エネルギー開発事業を手がけるDPI Solar 3 Pte Ltd社(本社:シンガポール、以下「DPI」)から、本事業の事業会社であるEdenvale(エデンヴェール) Solar(ソーラー) Park(パーク) Pty Ltdの株式100%を買収しました。

本事業の取り組み体制についてNatixis(ナティクシス)(本社:フランス/パリ)と16年間のプロジェクトファイナンス契約を締結し、スペイン大手建設企業のGrupo(グルーポ) Gransolar(グランソーラー) S.L.の豪州子会社であるGransolar Construction Australia Pty Ltd社とEPC(設計・調達・建設)契約を締結しました。運転開始は2022年度後半を見込んでいます。

双日は、2009年以降国内外で培った太陽光発電事業の開発・運営経験を生かし、DPIならびに現在取り組み中の台湾洋上風力案件のパートナーでもあるENEOSとともに2019年から本事業の開発を進め、このたび事業会社の完全買収と各種契約締結に至りました。発電する再生可能エネルギー電力のうち70%は現地の電力小売会社に安定的に販売する一方で、残る30%のうちの一部を、双日が掲げている2050年に向けた長期ビジョン「サステナビリティ チャレンジ」におけるCO2削減方針に基づき、SCOPE1および2(*1)の削減に寄与すべく、双日が同州内で保有・運営するグレゴリー・クライナム炭鉱に供給する計画です。

豪州は世界有数の資源大国として、長らく石炭火力発電の電力に依存していましたが、近年、環境負荷への配慮から、再生可能エネルギーへの転換が進んでいます。双日は、日本の1.5倍以上ある良好な日射量や広大な国土に加え、Corporate PPA(*2)の締結によって競争力のある再生可能エネルギーの安定確保を目指す企業が増加している豪州を、成長性の高い市場と捉えています。今後も同国における案件開発に加えて、豪州企業のみならず同国で事業をおこなう日系企業に対して競争力のある再生可能エネルギーの安定供給をおこなうことで、脱炭素社会の実現に貢献していきます。

(*1)Scope1:自社が石炭やガス等を直接燃焼して発生するCO2
   Scope2:主に自社が使用する電力が発電される際に発生するCO2
(*2)Corporate PPA(Power Purchase Agreement): 企業や自治体などの法人が、発電事業者から電力を購入する長期買電契約

(ご参考)

Edenvale太陽光発電所の概要

プロジェクト名 エデンヴェール太陽光発電所
所在地 豪州クイーンズランド州ウェスタンダウンズ地区
プロジェクト内容 太陽光発電プラントの建設・運営、電力の販売 (設備容量:204MW)
敷地面積 約428ヘクタール(約4.3km2
株主構成 双日株式会社 50%
ENEOS Australia Pty Ltd (ENEOS株式会社100%子会社) 50%

各社の会社概要

(ENEOS社の概要)
設立時期 1888年5月10日
資本金 300億円
本社所在地 東京都千代田区大手町一丁目1番2号
代表者 大田 勝幸(代表取締役社長)
事業内容 石油製品(ガソリン・灯油・潤滑油等)の精製および販売
ガス・石炭の輸入および販売
石油化学製品等の製造および販売
電気・水素の供給
(DPI Solar 3 Pte Ltd社の概要)
設立時期 2017年4月5日
本社所在地 33 Lloyd Rd, Botanic on Lloyd, Singapore 239106
代表者 金當 一臣
事業内容 再生可能エネルギー事業開発
(Natixis社の概要)
設立時期 1919年11月20日
資本金 50億ユーロ
本社所在地 30, avenue Pierre Mendès-France - 75013 Paris
代表者 Nicolas Namias
事業内容 総合金融事業
(Grupo Gransolar S.L.社の概要)
設立時期 2005年12月14日
資本金 1.73百万ユーロ
本社所在地 Parque Empresarial Omega, Av. de la Transición Española, 32, 28108 Madrid. Spain
代表者 Juan Pedro Alonso Salmeron
事業内容 太陽光発電所建設、並びにその他再生可能エネルギー関連事業

関連リリース

2019年4月5日付リリース 「双日、台湾最大級の洋上風力発電事業に参画」

このページの先頭へ