エネルギー本部

事業概要

米国・英領北海・中東・アフリカなどで資源権益を有している石油・ガス事業や、インドネシアおよびカタールでのLNG事業、仏・アレバグループの対日総代理店を担っている原子力事業を展開しています。

【事業内容】

石油、天然ガス、LNG、石油製品(ガソリン、灯軽油、重油、アスファルトなど)
原子力燃料サイクルに関するサービス、原子力関連機器

石油・ガス事業

カタール国沖合 東南第一鉱区
石油・ガスにおける上流権益事業ではバランスの取れた地域ポートフォリオのもと、上流権益の確保・開発を推進
石油・ガスにおける物流・トレーディング事業では、石油製品の輸出入・三国間取引及び国内取引を展開
[商品サービス別にみる] 石油・ガス開発事業
[商品サービス別にみる] エネルギートレーディング事業

LNG事業

LNG輸送船
関連会社であるエルエヌジージャパン社(当社50%)を通じてのアジア・中東での大型LNG事業に参画
LNGスポットの輸入および三国間取引を展開
[商品サービス別にみる] LNG事業

原子力事業

フランス ウラン濃縮工場 GB-II
原子燃料サイクル、および関連サービスの提供
当社100%子会社イーエナジー社を通じた原子力関連機器・材料の販売とサービスの提供
[商品サービス別にみる] 原子力事業

本部の概要と目指す姿

エネルギー資源の確保および多元的なエネルギーポートフォリオの実現

日本をはじめエネルギー資源が乏しい国にとって、経済・産業に不可欠なエネルギーをインプットするには、他国からの供給に頼ることしかありません。石油・ガス、LNG、原子力などの第一次エネルギー資源の確保および多元的なエネルギーポートフォリオの実現に努めることは、エネルギー本部の重要な責任だと捉えています。石油・ガス事業では、米国・英領北海・中東・アフリカなどの地域で、バランスの取れた権益資産ポートフォリオを形成しているほか、LNG事業ではインドネシアLNG のパイオニアとして同国からのトレーディングを担っています。また、原子力事業では、世界最大の原子力産業複合企業である仏・アレバグループの対日総代理店として、日本の原子燃料サイクルビジネス全般に関与しています。

価値創造を可能にする強み

LNG 分野のパイオニアとして、強固なポジションを確立

当社は、1973年のインドネシアとの日本最大のLNG導入プロジェクト締結を契機に、現在、年間約600万トンを取り扱うなど、LNG 分野のトップポジションの座を確実なものとしてきました。その後も多くの権益を獲得、開発から輸送・供給に至るビジネスモデルを構築。幅広い経験やネットワークを強みとして安定的なエネルギー供給に努めています。

総合商社としての多様なネットワークと事業ポートフォリオを有することや、エネルギービジネスの上流から下流に至るビジネスフローについて熟知していることから、需要地・供給地、双方の発展に寄与する存在として厚い信頼を得ています。

環境認識と価値創造戦略

当期の外部環境は非常に不透明な状況が続きました。足元の急激な市況下落に伴い、中期経営計画2017の1年目の本部利益計画は未達となりました。今後も石油・ガスの供給過剰状態が長期化すると予想される中、引き続き市況変動を受けにくい事業構造への転換を図っていきます。そのためにも、LNG 事業で培った強みを最大限活かした、安定収益事業の創出を重点課題としています。

視点を切り替え、供給地・消費地、2つのビジネスネットワークを確立

LNG市場において、市況の急回復は見込んでいません。しかし、供給側から見ると環境は悪化していますが、消費側から捉えると燃料コストが低下し、逆にチャンスであると考えることもできます。加えて、インドネシアなどの新興国は経済発展に伴い、エネルギー供給という役割だけでなく、消費国という側面も持ち、両方の特徴を持つこととなります。こうした国に対しては、バリューチェーンを構築してきた当社の強みが活かされます。例えば、LNG受け入れ基地から発電所への供給体制や効率性の追求といったノウハウを新興国へ提供し、ビジネスネットワークを複線化していくことで、新たな付加価値を築くことができるのです。また、石油だけに頼る単元的なエネルギー利用国には、LNGというポートフォリオを加え、エネルギーセキュリティという概念を根付かせることも新たな価値です。そして、当本部だけでなく、双日全体のネットワークを駆使していけば、同じようなエネルギーポートフォリオの構築に課題を持っている国々と取引を増やしていくことも可能です。視点を切り替えれば、まだまだエネルギー市場にはチャンスが転がっており、積極的に取り込んでいく考えです。

下流ビジネスへと広げ、バリューチェーンの進化を図る

また、LNGバリューチェーンそのものにも開拓の余地があると考えています。当本部では、供給源の一つである北米と、新興需要地であるアジアを結び、バリューチェーンを構築することで、ビジネスチャンスを追求していきます。同様に、日本と需要期が逆転する南米地域、ガスに流動性がある欧州市場とのネットワークを整備し、アジア地域の需要に対応可能な供給体制を目指していきます。

さらに、LNG生産工程の随伴ガスから抽出できるヘリウムについても取り扱っているからこその知見を有しており、その希少性も認識しています。エネルギー史においては、代替品の登場によって業界構造や市況は変化してきており、例えばLNGも当初石油の代替品として登場しました。一方、ヘリウムは世の中に存在する2番目に小さい分子であり、代替不可能な存在としてニッチな市場の中で確かなプレゼンスを発揮しています。当本部では、すでに北米においてヘリウム製造プロジェクトに取り組んでおり、今後は新規事業の創出にも取り組んでいきます。

今後の取り組み

エネルギーの可能性は無限大。視点を変えて問題解決につなげる本部へ

また、LNGバリューチェーンそのものにも開拓の余地があると考えています。当本部では、供給源の一つである北米と、新興需要地であるアジアを結び、バリューチェーンを構築することで、ビジネスチャンスを追求していきます。同様に、日本と需要期が逆転する南米地域、ガスに流動性がある欧州市場とのネットワークを整備し、アジア地域の需要に対応可能な供給体制を目指していきます。

さらに、LNG生産工程の随伴ガスから抽出できるヘリウムについても取り扱っているからこその知見を有しており、その希少性も認識しています。エネルギー史においては、代替品の登場によって業界構造や市況は変化してきており、例えばLNGも当初石油の代替品として登場しました。一方、ヘリウムは世の中に存在する2番目に小さい分子であり、代替不可能な存在としてニッチな市場の中で確かなプレゼンスを発揮しています。当本部では、すでに北米においてヘリウム製造プロジェクトに取り組んでおり、今後は新規事業の創出にも取り組んでいきます。

カタール国沖合 カルカラ油田

エルエヌジージャパン株式会社一部保有のLNG船 Vesta号

エネルギー資源の事業環境は今後も変化していきますが、経済発展に伴いエネルギー需要が途絶えることはなく、そのためのエネルギー供給を果たしていくという当本部の責務も変わることはありません。需要地におけるエネルギーの受入、供給にあたってはエネルギーインフラの構築を伴い、一連のサービスを最終エネルギー需要家に提供することで、今後も一定の収益を確保することは可能です。私たちは、これら上流関連と、安定した収益を確保できる中・下流領域における事業創出を通じた強固な事業ポートフォリオを構築していかなければなりません。

加えて、総合商社のエネルギー本部として、一つのやり方を追求していくことは正解ではありません。視点を変えればチャンスは広がっています。エネルギーそのものだけでなく、それを扱うために培われた技術には目を見張るものがあります。例えば、原子力部で展開している被膜除去技術は、被膜の上から磁力線を流すIH方式によるもので、大型橋梁などのメンテナンスなどに活用でき、コスト面・安全面ともに優位性があり、今後市場の拡大が見込める新たな領域です。

また、このような環境において、資源開発で培った高い管理能力だけでなく、人的なネットワークをうまく構築し、さまざまなコミュニケーションを取れる能力を高めていく人材育成も重要です。視点を変え、新たな環境をビジネスモデルの転換機会として捉えることで、世の中のあらゆる問題に対してソリューションを提供していくような本部としていきたいと考えます。

機会

▶  新興国でのエネルギー需要増加
▶  国内におけるエネルギー多元化ニーズの増加
▶  LNG 需要・供給の増加に伴うLNG 周辺事業の拡大
▶  環境問題への注目拡大によるLNG などのクリーンエネルギーへのシフト

リスク

▶  市況・価格変動および減損発生リスク

コラム


>>コラムはこちらから

組織図

トップへ戻る

サイト内検索