エネルギー本部

事業概要

米国、英領北海、中東、アフリカなどでの石油ガス権益事業、インドネシアおよびカタールでのLNG事業、フランスの総合原子力企業・アレバグループの対日総代理店を中心とする原子力事業を展開しています。

【事業内容】

▶  石油、天然ガス、LNG、石油製品(ガソリン、灯軽油、重油、アスファルトなど)
▶  原子力燃料サイクルに関するサービス、原子力関連機器

石油・ガス事業

カタール国沖合 東南第一鉱区
石油・ガスにおける上流権益事業ではバランスの取れた地域ポートフォリオのもと、上流権益の確保・開発を推進
石油・ガスにおける物流・トレーディング事業では、石油製品の輸出入・三国間取引及び国内取引を展開
[商品サービス別にみる] 石油・ガス開発事業
[商品サービス別にみる] エネルギートレーディング事業

LNG事業

LNG輸送船
関連会社であるエルエヌジージャパン社(当社50%)を通じてのアジア・中東での大型LNG事業に参画
LNGスポットの輸入および三国間取引を展開
[商品サービス別にみる] LNG事業

原子力事業

フランス ウラン濃縮工場 GB-II
原子燃料サイクル、および関連サービスの提供
当社100%子会社イーエナジー社を通じた原子力関連機器・材料の販売とサービスの提供
[商品サービス別にみる] 原子力事業

本部の概要と目指す姿

エネルギー資源の持続的な安定供給を使命とし、多様なニーズに応えられる、エネルギー・バリューチェーンを展開

  • ▶ LNG/石油ガス、原子力などのエネルギー資源を日本に安定供給する仕組みを顧客とともに整備・発展
  • ▶ 新興国が牽引する世界のエネルギー需要増加に対し、ガスを中心とするバリューチェーンの構築やバイオマス燃料への新規取り組みを通じて、低炭素社会の実現を推進する役割を担う

価値創造を可能にする強み

  • ▶ LNG/石油ガス生産事業への参画、LNG/石油製品のトレード、また原子燃料サイクルにおける総合的なサービス提供など、エネルギー資源分野において、顧客、ならびに事業パートナーとともに、上流から中下流のバリューチェーンを事業環境の変化に即して深化させてきた事業知見
  • ▶ エネルギー資源に関係するさまざまな領域において、長年にわたって築き上げた顧客との強固な信頼基盤

戦略と取り組み

世界のエネルギー消費は、中国やインド、その他アジア、アフリカの新興国を中心とした経済成長に伴い、今後も堅調な伸びが見込まれています。一方、エネルギー消費の増加を支えるエネルギー資源(一次エネルギー源)は、地球温暖化対策の新たな国際的枠組みである「パリ協定」の発効を受けて、世界が低炭素社会へ向けて大きく動き出すことにより、エネルギーミックスに占める天然ガスや再生可能エネルギーの割合がこれまで以上に増加していくと予想されます。

エネルギーミックスの大きな変化が予測される中、長きにわたり築き上げてきた顧客との強固な信頼関係と、事業にかかわる幅広い事業知見を活かして、地球環境の保全と経済成長の両立という社会的な課題への適切なソリューションを提供することが、エネルギー資源を取り扱うわれわれの使命といえます。

以上の事業環境を踏まえ、当本部では、世界各国の発展段階ごとに異なる多種多様なニーズを満たすエネルギーのバリューチェーン展開を図り、低炭素社会の実現に向けた取り組みを進めていきます。

まず、石油ガス分野については、既存の上流権益事業における操業コストの改善を引き続き進めることで、市況低迷時の耐性強化を図りつつ、並行して、事業環境の変化によって競争力が相対的に低下している資産の見極めを行い、ガスを中心とする中下流事業や再生可能エネルギーの燃料供給事業などへの入れ替えを進めていきます。

例えば、インドネシア産LNG のパイオニアとして長年培ってきたトレーディングのノウハウや顧客基盤をベースに、LNG受入基地の運営事業、ガス火力発電所へのガス供給事業、工業団地でのコージェネレーション(熱電併給)事業、LNG燃料車両への燃料供給事業、といった複数の中下流事業をパッケージ化し、特にガス需要が高まっているアジア新興国での事業展開を進めていきます。また、木質バイオマスなど、再生可能エネルギー分野におけるクリーンな燃料の長期安定供給体制の構築も目指していきます。

次に、原子力分野ですが、世界最大の原子力産業企業であるフランス・アレバ社の日本総代理店として、日本の電力会社各社に原子力燃料の調達・再処理に関する総合的なサービスを50年近くにわたって提供しています。また、関係会社を通じた原子力関連の機器・材料などの販売も行っており、日本の原子燃料サイクル全般に引き続き広く関与していきます。さらに、今後は安全な廃炉プロセスに資する新たな技術の発掘・導入に一層注力していく考えです。一例をあげると、100% 子会社のイーエナジー株式会社で展開している「IH 式被膜除去」があります。これは大型橋梁や石油備蓄基地のタンクなどに施されている防錆・防食塗装の除去作業に現在使用されている技術ですが、将来的には、廃炉作業中に発生する各種廃棄物の除染作業への転用も期待されています。

インドネシア産LNGの出航風景

エネルギー分野におけるさまざまな社会的課題の解決に資するビジネスを当本部の事業ポートフォリオに積み重ねていくことで、商品市況や原子力発電所の再稼動状況の影響を受けにくい、長期安定的な収益基盤の確立と企業価値向上の実現も可能になると考えます。

機会

▶  新興国および途上国の経済成長による、エネルギー需要の中長期的な増加
▶  世界的な環境意識の高まりに伴う、クリーンなエネルギー資源に対する社会的ニーズの増加

リスク

▶  世界経済の成長鈍化
▶  規制緩和や民営化など、新たな取り組みの前提となる各種制度の設計変更・導入遅延
▶  石油・ガス価格の変動

コラム


>>コラムはこちらから

組織図

トップへ戻る

サイト内検索