リスク管理

リスク管理の基本方針

当社グループは、総合商社としてグローバルかつ多角的な事業を行っており、展開する事業の性質上、さまざまなリスクにさらされています。

リスクの管理は「リスク管理基本規程」に則り、リスクを分類・定義した上で各々のリスクの性質に応じた管理を行っています。このうち、計測可能なリスク(市場リスク・信用リスク・事業投資リスク・カントリーリスク)に関してはリスクを計測し、算出したリスクアセット数値に基づいて管理しています。また、法務リスク、コンプライアンスリスク、環境・社会(人権)リスク、資金調達リスク、災害リスク、システムリスクなどといった、計測を行わないリスク項目に関しても、計測可能なリスクと同様にリスク管理責任者(各担当役員)を任命し、当該責任者が策定した「リスク管理運営方針・運営計画」に基づいて、管理状況などを経営に報告しています。

リスク管理体制

当社は、継続して必要なリスク管理体制の整備・拡充を行っています。
体制については、運用面での充実とグループ全体への意識浸透を図るために、リスク管理企画部がリスク管理全般に係る規程・制度、リスク管理運営方針の企画・立案ならびにリスクの計測、カントリーリスク管理を行い、リスク管理部が事業投融資案件などの審議や事後管理を迅速かつきめ細かく実施、コントローラー室が与信/見越取引の審議、リスク管理の現場化、情報の早期共有による案件構築支援を行っていく運営体制となっています。

 

サイト内検索