双日、「Phenix Jet」ブランドでビジネスジェット事業を拡大展開

PDF版[186.1 KB]

2017年7月21日
双日株式会社

双日株式会社(以下、双日)は、米国のビジネスジェット運航支援およびチャーター販売の事業会社であるフェニックス・ジェット社(Phenix Jet International, LLC 本社:米国 グアム、代表者: 万願寺 拓秋 以下、PJI社)を立ち上げ、今般、「Phenix Jet」ブランドでのビジネスジェット事業を開始しました。同時に、米国のビジネスジェット運航管理事業会社であるACP・ジェット・チャーターズ社(ACP Jet Charters, Inc 本社:米国 フロリダ、代表者:Paul Schembari 以下、ACP社)にも一部出資し、同社が保有する米国連邦航空局による不定期国際運送事業免許を活用することで、運航を含めた一気通貫サービスを提供します。

170721_04.jpg


PhenixJetブランドは、ACP社が備える最高レベルの安全性評価に加えて、当社がこれまでビジネスジェット事業で培ってきた木目細やかな日本流のおもてなしサービスを提供します。また、香港にPJI社の現地法人を設立し、日本と同様に運航管理サービスの新たな拠点を確保します。これらにより、日本市場の顧客ニーズに合ったサービス拡充を図りながら、アジア地域での新たな顧客の獲得を目指します。

ビジネスジェットは、定期便が就航していない地域でも自由にフライトを設定することが可能で、移動時間の大幅な短縮やセキュリティーの確保もできることから、欧米企業を中心にビジネスツールとしての活用が進んでおり、日本でもその利便性が認識され、徐々に普及してきています。また、アジアにおいても富裕層を中心にニーズが急増しつつあり、今後10年間で約1,000機超の新規需要が見込まれています。

双日は、2003年より日本で先駆的にビジネスジェット事業を開始し、2005年より主に国内市場でビジネスジェットの運航管理サービスを提供してきました。今後、日本のみならずアジア地域の伸び行く需要を取り込み、サービスの更なる向上を目指してまいります。

以上

 

(ご参考)

フェニックス社の概要

会社名 Phenix Jet International, LLC
事業概要 航空機運航支援事業・チャーター販売事業
所在地 米国 グアム
出資比率 双日株式会社 75%、Cosa di Famiglia Holdings, LLC 25%
代表者 万願寺 拓秋

ACP社の概要

会社名 ACP Jet Charters, Inc
事業概要 ビジネスジェットの運航管理事業
所在地 米国 フロリダ
出資比率 双日株式会社24.9%、Cosa di Famiglia Holdings, LLC 75.1%
代表者 Paul Schembari

サイト内検索