フィリピンの自動車生産・販売会社、『ミラージュG4』の生産を開始

~ 同国の自動車産業育成政策「CARS Program」の初の支援案件 ~

PDF版[141.9 KB]

2017年2月27日
双日株式会社

双日株式会社(以下、双日)が三菱自動車工業株式会社(以下、三菱自動車)とともにフィリピンで展開している自動車生産・販売会社、ミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション(Mitsubishi Motors Philippines Corporation、以下、MMPC)は、2月17日より、自社の車両生産工場でコンパクトセダン『ミラージュG4(他地域モデル名:アトラージュ)』の生産を開始し、本日、同国マニラ市のマラカニアン宮殿(大統領府)において、ドゥテルテ大統領をはじめとする同国政府関係者の臨席のもと、生産開始式典を執り行いました。本件は同国政府の自動車産業育成政策「CARS Program(Comprehensive Automotive Resurgence Strategy Program)」の支援を受けた初のケースで、新たな生産ラインを増設した同工場は年間5万台の生産能力を有し、本年5月からはコンパクトカー『ミラージュ』の生産も開始する予定です。

MMPCでは1964年より自動車の生産を開始し、2009年にはフィリピンにおける自動車会社として初めて累計生産50万台を、昨年5月には60万台をそれぞれ達成しました。また、2016年の販売台数は、前年比12.9%増の59,480台(シェア15.3%)となり、10年連続で過去最高を更新しています。

MMPCは長きにわたる事業の歴史と地域に根付いた活動を通じて、同国の自動車産業とともに発展を続けてきました。今後とも同国の自動車産業全体の活性化に寄与していくことで、同国の産業基盤強化と経済発展に貢献してまいります。

以上


(ご参考)

ミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション(MMPC)の概要

会社名 Mitsubishi Motors Philippines Corporation
設立 1963年2月
本社・工場所在地 フィリピン国 ラグーナ州 サンタローザ市
(マニラから南東に約45km)
資本金 1,640百万ペソ
主な事業内容 三菱自動車の生産および販売
代表者 加藤 芳明(社長 兼 CEO)
株主 双日株式会社 49%、三菱自動車工業株式会社 51%
生産能力 5万台/年
工場敷地面積 約21.4ヘクタール
従業員数 約1,400名(2016年12月現在)

サイト内検索