双日株式会社

PROJECT 03

トルコ総合病院プロジェクト

小川 洋道
医療インフラ事業部
事業開発第1課

2017年入社。入社時は、プラントプロジェクト部に配属され、インドにおける製鉄事業に携わる。その後、2年目になるタイミングで医療インフラ事業部へと異動した。現在は、本プロジェクトにて主に事業会社の運営管理に携わる。

石黒 正樹
医療インフラ事業部
事業開発第1課 課長

2002年入社。入社後は財務部に所属し、外国為替や決済周りなどを担当。その後、プラントプロジェクト部にて製鉄プラントのEPCにおける売買契約を担当し、現地であるインドに駐在していた。その後、2015年から本プロジェクトに携わる。

牛木 真之
医療インフラ事業部
事業開発第1課

2013年入社。大学時代は体育会に所属しつつも、バックパッカーとして海外をよく訪れ、フィジーでの留学経験を持つ。入社後6年間は主計/経理部に所属、そのうちの1年はニューヨークで勤務する。その後、石黒に憧れ、営業に転身。本プロジェクトに参加する。

01総合病院プロジェクトに
参入した背景
―海を越えた信頼関係で
新たな可能性に挑む―

石黒

もともとは、プラントプロジェクト部の中で業態を広げていくというミッションに取りかかったことがきっかけです。ちょうどその頃、当社と長年の付き合いがあったトルコでNo.2である建設会社「ルネサンス」も、同じく事業領域を広げていきたいと考えている時期でした。当社とルネサンスは、その時までに6件ほどの大型プロジェクトを共に成功させており、既に厚い信頼関係があったんです。そこでお互いに次は医療分野に挑戦しようということで合意して、手を組んだことが本プロジェクトのはじまりです。

小川

私と牛木さんは、このチャムアンドサクラシティー総合病院プロジェクトに途中から参加しているのですが、このプロジェクトをきっかけに医療インフラ事業部が創設されたと聞きました。

牛木

そうですね。当社では医療分野への取り組み自体は、古くから携わっていました。例えば、ODAに関わる医療機器の納入や病院そのものへの投資などです。それぞれの部署が独自に取り組んでいました中で、このプロジェクトがきっかけとなって、医療関係の仕事を集約する医療インフラ事業部ができたんです。

02それぞれの役割と
その難しさ
―文化の違いを乗り越え、
国家規模の医療インフラを―

牛木

私は当部署に異動する前は経理業務を担当していたので、その経験を生かして、ルネサンスと共同出資をした事業会社の決算業務を行っています。その事業会社はトルコにあるため、時差と距離があることはもちろんですが、会計のルールや法制度が日本とは違うことが難しいポイントだと感じています。

小川

確かに国が違うと、色々なことが違ってきますよね。私は、その事業会社における運営管理に携わっています。銀行から融資をいただくための書類や条件の調整、株主総会や取締役会の開催、工事進捗管理、アドバイザーとの折衝などが主な業務です。もちろんルネサンスの方と関わるのですが、仕事の進め方など国民性の違いを感じる場面もありました。

牛木

また、我々は数字面でも何でも「最低ここまでは守れる」というボトムを知りたいと思うのが常ですが、トルコでは逆の考え方をする人が多い様に感じます。我々が最低限のラインを知りたがったとしても、上を目指せばこんなにバラ色の未来があるのに何故やらないんだと、回答がくる。そういった文化の違いを調整していくのは難しいですよね。

石黒

2人が言うように、違う国が手を組んでプロジェクトを進めると色々な問題が起きます。しかし、私は主担当として関わっていた開発当時から、このプロジェクトには大きな可能性があると考えていました。チャムアンドサクラシティー病院は欧州の中でも最大クラスの規模であり、その実績をつくることで、ルネサンスにとってはトルコの病院PPP事業のトッププレーヤーに、双日にとっては新しい基幹事業になりそうな仕事だと感じていたんです。ただ、規模が大きいことに加え、関係者の数も段違いに多い。特に融資条件はタフな交渉になりました。そういった、大変な苦労がありましたが、調印式や開院式にはトルコのエルドアン大統領が出席されるなど、国家的なプロジェクトをやり切ったという感動は今でも忘れることができません。

03「チームの力」を
感じた瞬間
―適材適所で支え合うことで
生まれる推進力―

小川

各々が、各分野でスペシャリティを発揮していることが特徴ではないでしょうか。私であれば事業会社の全般的な運営管理、牛木さんであれば会計とファイナンスの分野で専門性を持っている。社内に関してもその道のプロフェッショナルの方に力を借りながら進めているので、チームワークは常に感じています。もちろん、現地に出向されている方には、現地でしかできない調整業務などの仕事をやってもらっています。

牛木

アメフトのような適材適所な感じですよね。それぞれの業務で分からないことがあれば、それぞれの専門家に聞けばすぐに答えが返ってきますから。契約のことであれば小川さんに聞けばいいし、会計とファイナンスであれば私に任せてもらう。現地に確認しなければ分からないことは、出向している大先輩に聞けばいい。その上で、すべてを把握している課長がマネジメントをしてくれている。もちろん、すべてのことを全員が知っていれば1番いいのでしょうが、物理的にそういうわけにもいきません。お互いにフォローができる環境であることが、確実かつ迅速に仕事を進めることができている秘訣だと思います。

小川


また、全員が同じ方向を向けていることも特徴ではないですか。

牛木

そうですね。日本と海外でやり取りを行う時は、時差がある分時間がかかってしまいがちですが、このチームではそれがありません。現地にメールを送れば、「うん、その方向性で合っているよね」と、言葉を交わさずとも考え方を共有できていることが多々あります。

石黒

次世代の皆さんがそのように自分の専門分野を磨きつつも、課題を見つけ、仮設を立てて検証し、周りを巻き込みながら主体的に仕事を受け継いでいただけていることが嬉しいですね。

04プロジェクトがもたらした
やりがいと価値
―個人個人の成長で
医療に次の未来を―

牛木

私はこのプロジェクトに参加して、大きく成長できていると思います。石黒課長をはじめとする上司の方々が、日々、自分の実力よりも少し上のハイボールを投げてくれる環境がありますね。例えば、東京からの要望が100とすると、現地では80しかできないということがどうしてもあります。そうした中で、現地の先輩方の力を借りながら、何とか折衷案を見つけていく。チーム内で協力してもらいながら、これを繰り返すことで成長できているため、大きなやりがいを感じます。今後は、これまでの経験とこのプロジェクトの実績を生かして、医療インフラ関係で新しいビジネスを1からつくってみたいですね。

小川

私がこのプロジェクトにアサインされた時は、建物の基盤がようやくできたところでした。それが、徐々に病院の形になり、無事に開院した。その経過に自分の日々の小さい仕事も、大きい仕事も関わっていると考えると、やはり感慨深いです。ですが、このプロジェクトは今後も長期間続いていきます。いずれは自分が現地に行って、そこで見つけた課題を解決し、この事業を強くしていくことが今後の目標です。また、牛木さんと同じく、新しいビジネスをつくっていきたいと考えています。

石黒

2人のように個人個人が仕事の幅を広げていけば、チームとしての力は必ず強くなりますし、この事業はさらに成長していくと思いますよ。このプロジェクトは、GDPが伸び続けているにも関わらず、病床数が圧倒的に足りなかったトルコにとっての希望になりました。国民全体が医療の質を上げたいと考えていたところに、限られた財源で病床数を増やす前例になったことで大きな価値を生み出し、双日にとっても、医療分野で次の展開を狙えるスキームを構築できたと思います。また、現在のチームにとっては、全員が同じ目標に向かって協力し合えば、大きなことを成し遂げられるということを実感できた事例だったと思います。若手の皆さんには、このプロジェクトを基幹としながら、これまでの経験を生かすことで、ぜひ新しいビジネスをつくりあげてほしいですね。大いに期待しています。

本プロジェクトに関わった
トルコ駐在員からのメッセージ

藏田隆仁

病院建設中は、日本メーカーによる医療機器、コンサルサービスの導入に注力しました。また、開院後は病院の運営会社の財務責任者として、官民一体事業(PPP事業)の運営の仕方を体得し、他市場への展開拡大を目指しながら、派生して出てくる周辺事業(画像診断、検査業務など)への参入可能性を追求しています。はじめてづくしのプロジェクトでしたが、高齢化や人口増加が世界的に見込まれる中で、医療という、裾野の広い事業分野への参入を果たしたのは、双日にとって新しい事業機会を生む、大変いい土壌創りになったと思います。これが成功したのは、様々な「専門家」が結集し、お互いに補完し合うことでチームとしての底力を形成、レベルアップしてきたことが大きな要因でしょう。これからは、それぞれの力を生かしながら、製薬、診療材料、先進医療機器、医療周辺サービスなど、新たな商機を窺うプラットフォームとして育てていきたいと思います。

合田尚平

開発当時は、JV相手企業(ルネサンス)の担当者との交渉などを担当し、契約締結後は事業会社のスタートアップに携わっています。当初、案件形成のため年100日以上トルコに滞在していたのですが、空港が爆破されるなどテロ事件が起こってしまいました。一旦東京に戻りましたが、その次にはクーデター未遂事件が起こり、ニュースを見ると現地はめちゃくちゃになっているとの報道。安全が確認できたタイミングですぐに現地に戻り、パートナーの安否や現地の治安状況を自分の目で確認しながら、パートナーを勇気づけ、事業形成を継続するお互いの意思を確認し合いました。また、銀行団に対しては事業スポンサーの揺るぎない結束力と事業継続の強い意志を示しました。そうした経緯もあったことから、パートナーであるルネサンスとの間には、より強い絆が生まれたと思います。双日への利益と共に、相手国での事業をフェアな精神で行い共存共栄を目指す。これからもその意識を大切にしながら、このプロジェクトを双日とルネサンスの看板事業にすることを目標としています。

※社員の所属部署は取材当時のものです。