双日株式会社

閉じる

トレーニーレポート
安藤 大智

2019年4月

img_ando_01.jpg

<所属>コントローラー室 第一課
(自動車、航空産業・交通プロジェクト、機械・医療インフラ、エネルギー・社会インフラ本部担当)
<派遣先>双日米国会社 リマ出張所
<派遣期間>2018年3月~2019年3月

業務内容・派遣先(会社・支店等)について

リマ出張所は駐在員1名を含む5名体制。私は、双日米国会社が49%出資しているペルー太陽光案件やトレーディング(果物、水産物、鳥の餌に使用されているマリーゴールドなど)に携わりました。

派遣先国・地域の文化など

ペルーは、16世紀までアンデス文明(最も有名なのはインカ帝国の遺跡マチュピチュ)が栄えた国であり、今でも山岳地帯にはアンデス文明が色濃く残っています。
一方で日本の3.4倍の国土を持つペルーには山岳地帯だけではなくアマゾンや砂漠もあり、多様な気候帯が存在します。世界有数の豊かな生態系を誇り、食材も豊富です。また様々な味付けや料理法があり、アメリカ大陸の中で最も料理が美味しい国といわれています。

印象に残っていること

中南米(ラテンアメリカ)というと、リオのカーニバルのような華やかなイメージを持たれる方も多いと思いますが、ペルーは中南米の中でも大人しく真面目な人たちが多い国です。
経済面でも中南米の優等生と言われており、チリに次いで経済が安定しています。

img_ando_02.jpg

2018年忘年会。リマ出張所スタッフ全員で(右から2番目が本人)

img_ando_03.jpg

リマの景色

リマは赤道付近の南緯12度に位置していますが、それほど気温は高くなく年間を通じて過ごしやすい気候です。写真は南部の高台から見た沿岸の景色。夏場は休日の昼間に海水浴を楽しむ人が多く、近郊のビーチはいつも非常に混雑しています。
写真左下の建物は魚市場で、年中賑わっています。リマは波が高く、早朝や夕暮れ時には多くの人がサーフィンをしています。

このページの先頭へ