双日株式会社

閉じる

若手海外実習レポート
チャン ティトゥフォン

チャン ティトゥフォン
<所属>エネルギー産業インフラ事業部 →
(派遣期間終了後)Long Duc Investment Company Limited

<派遣先>Long Duc Investment Company Limited

<派遣期間>2019年8月~2020年7月

業務内容・派遣先(会社・支店等)について

ホーチミン市より東に約40kmのドンナイ省ロンタン地区にあるロンドウック工業団地に社長補佐として派遣されました。マーケティング、技術、職能各チームの業務遂行サポートや行政対応など事業会社のオペレーションに加え、新たな工業団地開発のための情報収集や事業スキーム検討などを行いました。

派遣先で苦労したこと、学んだこと、今後に活かしたいこと

ベトナム経済の高成長を背景に地場企業が工業団地ビジネスに参入し、新規開発案件の獲得競争が激化しています。人脈を活かした幅広いルートから入手した情報を社長と日々相談しながら選別し、優先順位を付けて本社に共有、検討を進めました。新規事業構築にあたっては、事業環境の変化を捉え、既存の枠組みにとらわれずに柔軟に動くことが大事だと実感しました。

また、現場にいると常に改善余地が多数あるように感じられ、すべて改善しなければと考えてしまいがちですが、自分のミッションを明確にし、限られた時間の中で優先順位を付けてバランスよく対応することが現地で働く上でとても重要だと感じました。

派遣先国・地域の文化など

以前はビジネスでの飲酒を好むベトナム人が多かったのですが、最近は健康志向の高まりでお酒は付き合い程度という人も増えてきました。ビジネスでもSNSが相手との距離を縮めるツールになっており、外国人とのSNSコミュニケーションは受けが良さそうなので、ベトナム人顧客と試してみたら良いかもしれません(笑)。

その他、印象に残っていること

2020年3月、新型コロナウイルス感染症拡大により、やむを得ず工業団地で寝泊まりすることになりました。団地内の電気室に宿泊したことで、普段は直接話すことがあまりない現場のオペレーターとのコミュニケーションが増え、電気という専門的な分野への理解を深めることができました。

電気室でのランチ
電気室でのランチ。食事は全て電気室のオペレーターが作ってくれました(笑)
ベトナムに来てから始めたゴルフベトナムに来てから始めたゴルフ。ロンドウック工業団地主催のゴルフコンペで人生初のニアピンを取りました!
Vinpearl Safari Phu Quocの入口
Vinpearl Safari Phu Quocの入口

現地のオススメ観光スポット

ベトナムは母国でありながらも南部エリアを観光する機会があまりなかったので、中・南部どこでも海がキレイだったことが印象的でした。

今回はベトナム初のサファリ/Phu Quoc島にあるVinpearl Safari Phu Quocを訪れました。自然に囲まれた中で動物と触れ合うことができるとても癒される観光スポットでした!

Vinpearl Safari Phu Quocの入口
Vinpearl Safari Phu Quocの入口

2021年10月掲載

このページの先頭へ