双日株式会社

閉じる

国連食料システムサミットへのコミットメントを表明

2021年9月に各国首脳を交えてニューヨークで開催予定の「国連食料システムサミット」(FSS:Food Systems Summit)に先立ち、農林水産省に藤本社長のビデオメッセージおよび当社としてのコミットメントを提出しました。

FSSは、「国連の持続可能な開発目標(SDGs)達成のためには、持続可能な食料システム(※)への転換が必要不可欠だ」という、グテーレス国連事務総長の考えに基づき開催される国連主催のサミットです。
※ 食料システムとは、食料の生産、加工、輸送及び消費に関わる一連の活動のことを指します。

この度、持続可能な食料システムの実現に貢献するための具体的な取組み・目標(コミットメント)を打ち出した、ビデオメッセージおよびコミットメントを作成し、当社としてFSSへの支持を表明しました。

▼藤本社長ビデオメッセージ/コミットメントはこちら▼

 

当社の具体的な取組み・目標(コミットメント)

  • 適切に管理された漁業で獲られたことを証明する「MSC認証」を取得した刺身用マグロの世界での普及をリードし、天然水産資源の持続可能な利用を追求します。
  • マグロ養殖においても人工種苗認証(SCSA)の維持に努め、持続可能な水産養殖を追求します。
  • IoT・AIの活用によるマグロ養殖の工業化を推進し、水産養殖事業の効率性向上を目指します。

関連情報

当社FSSコミットメント(農林水産省ウェブサイト)

双日ツナファーム鷹島 公式ウェブサイト

2021年6月掲載

このページの先頭へ