双日株式会社

閉じる

マンガ「双日トルコ病院物語」が完成しました!

2020年5月に開院を迎えたトルコ最大規模の病院プロジェクト(病院名:バシャクシェヒールチャムアンドサクラシティー病院)は、病床数:2,682床、総事業費2000億円。日系企業が施設運営に関与する病院としては、国内外含め最大規模、双日としても発足以来最大規模の投融資案件です。開院式典にはトルコ・日本両首脳が出席し、トルコと日本を結ぶ象徴として祝辞が述べられ、メディアでも大きく報じられました。

この巨大プロジェクトを紹介するマンガ「双日トルコ病院物語」が完成しました。時は、アベノミクスが始まり成長戦略が打ち出された頃、社内の議論ととある顧客の訪問から話が展開されます。その時、プラント部隊の精鋭たちは何を考え、何を発想し、どう動いたのか。事業を通じて社会、国家の課題を解決しようと奔走する双日パーソンの物語です。ぜひご覧ください。

▼「双日トルコ病院物語」はこちらから▼

ds_post50_img01.jpg
  • このマンガは、できる限り事実に基づいて作成していますが、構成上、登場する人物や情景などにはフィクションが含まれます。

なお、当社の事業に関する物語は、他にも「双日デルタマスシティ~インドネシア巨大開発物語」(2015年)、「空飛ぶ双日」(2016年)、「神戸発、双日へと続く総合商社誕生物語」(2017年)、「双日ベトナム物語」(2018年)があります。あわせてご覧ください。

神戸発、双日へと続く総合商社誕生物語 双日ベトナム物語

関連情報

[ニュースリリース] 双日、トルコ共和国内最大規模の総合病院を開院

[Discover Sojitz] 医療インフラ事業

2021年4月掲載

このページの先頭へ