双日株式会社

閉じる

日商エレクトロニクス、Zoom製品をコアとするコラボレーション事業

新型コロナウイルスの影響でリモートワークが経営課題となり市場が急拡大しました。日商エレクトロニクスはZoom製品を軸として、Web会議用ハードウェアキット「DTEN D7」の販売や、コミュニケーションツールSlackをはじめとするチャット、ファイル共有、タスク管理など、人と人がコラボレーションするために必要なソリューションをBest of Breed(各分野で最良の製品を組み合わせてシステム構築を行うアプローチ)で提供することをめざしています。

近年求められるビジネススピードを考慮し、Zoomの取扱い解説を自社サイトに掲載するなど利用者が直面する問題への迅速な自己解決の実現にも取り組みます。

 

img_post-33_01r.gif

 

img_post-33_02rr.jpg
日商エレクトロニクス
エンタープライズ事業本部 第二営業部三課 課長 真次 幸治

新型コロナウイルスという想定外の事態によって需要が急拡大し、2年間の計画に前倒しで到達予定です。お客様から感謝の言葉をいただくことが多く、世の中の持続的な成長に貢献できていると感じています。

今後はラインナップを拡充し、企業ごとに最適なソリューションを提供できるように体制を整えていきます。

関連情報

オンラインミーティングツールzoom(日商エレクトロニクス)

(所属組織、役職名等は本記事掲載当時のものです)
2020年9月掲載

このページの先頭へ